ライカ初の5Gスマホ「Leitz Phone 1」、ソフトバンクから発売

ライカが全面監修した初のスマートフォン、価格は税込187,920円、7月以降発売予定

Leica Original Smartphone

ソフトバンクは6月17日、ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ」監修の5G対応スマートフォン「Leitz Phone 1(読み方:ライツフォン ワン)を発表した。価格は税込187,920円、発売は7月以降を予定している。

1インチ型F1.9/19mm/7枚構成レンズを搭載、RAW撮影にも対応

Leitz Phone 1はスマホとして最大級となる、1インチ型高性能イメージセンサーを搭載F1.9、焦点距離19mm、7枚構成レンズとなっており、最大6倍のデジタルズームに対応する。JPEGだけではなく、RAWでも撮影できる。

約6.6インチ型WUXGA+(2,730 × 1,260)の「Pro IGZO OLED」ディスプレイを搭載し、1Hz-240Hzの可変式リフレッシュレートに対応する。バッテリー容量は5,000mAh。OSはAndroid 11が動作する。

ライカ監修のカメラを搭載するスマホはこれまでにも存在していたが、スマホ本体の監修はLeitz Phone 1が初めて。ライカのロゴマーク入りのマグネット式レンズキャップ、埃や湿気から保護するケースなどの付属アイテムまで、ライカのこだわりが行き届いている。

Leitz Phone 1の仕様

サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約74×162×9.5mm/約212g
フルセグ/ワンセグ -/-
ディスプレー 約6.6インチ WUXGA+(2,730×1,260ドット)Pro IGZO OLED
カメラ(メイン) 有効画素数約2,020万画素+ToF
カメラ(サブ) 有効画素数約1,260万画素
防水/防じん※8 IPX5、IPX8/IP6X
Bluetooth® Ver.5.2
おサイフケータイ®
外部メモリー/推奨容量 microSDXC(別売り)/最大1TB
ストレージ 256GB
メモリ(RAM) 12GB
CPU(クロック数/チップ) オクタコア(2.8GHz+1.8GHz)Snapdragon™ 888 5G
電池容量 5,000mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5GHz)
OS Android™ 11
カラー ライカシルバー
製造 シャープ株式会社
関連キーワード
公開情報
更新日2021年06月17日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:604927)

    通話やブラウジングできるカメラですな。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索