Xiaomi、2014年のスマホ販売台数が前年比3倍だったと発表

Xiaomi

“中国のApple”にとって2014年は思い出すと思わずニヤけてしまうような、素晴らしい1年だったようだ。

XiaomiのCEOである雷軍(レイ・ジュン)氏によると、2014年におけるXiaomiのスマートフォン販売台数はその前の年を大幅に超える6,110万台であったことが明らかになった!

Xiaomiのスマホ販売台数、前年比326%の大幅成長

2013年、Xiaomiは1,870万台のスマートフォンを販売。対して、2014年は6,110万台。前年比326%という、驚異的な成長を遂げた1年だったようだ。世界3位の携帯電話メーカーに上り詰めただけ、ある。

当然、売上も見事な右肩上がり。前年と比較して2倍以上にもなる119.7億ドルだったことが明らかになっている。利益は公開されていない。

雷軍氏曰く、Xiaomiの驚異的な成長を参考に他の企業も同じような戦略を採用しているとのこと。ネット上のみで販売し、キャリアや販売店に掛かるコストを削減することによって端末価格を抑えることに成功。先日、インドでは「Redmi 1S」40,000台が4.2秒で完売したそうだ。

爆発的な成長を遂げたXiaomi。今後はインドを始め、ブラジルやロシアにも事業を拡大する方針。2015年のXiaomiは2014年を越えられるのか。この先、要注目だ!

(via phoneArena