斬新なデザインが特徴の「LAB II」は即完売した45万円のイヤホン

Final Audio Design Headphones and Earphones 15

40万円のヘッドホンイヤホンの組立体験などを経験させていただいたファイナルの工場で、もう入手できない特別なイヤホンを試聴させてもらった。

LAB II」は、イヤホンとしては珍しい開放型。200台限定で3Dプリンタで製造され、独自開発のダイナミック型ドライバを搭載している。価格はなんと税込45万3600円だが、即完売。入手することは事実上不可能だ。

特徴的なメッシュ形状の筐体を3Dプリンタで実現

初めて「LAB II」を見た時、僕は何かのプロトタイプだと思ってしまった。僕の想像しているイヤホンはゴム素材のイヤピースがあり、ケーブルが黒くてマメのような形をしている。これはパッと見て小虫に荒らされたひょうたんにしか見えず、「これからブラッシュアップする製品なのかな」と思った。

まさかこのイヤホンが45万円以上するとは……!

さて、「LAB II」は何がすごいのか。大口径のダイナミック型ドライバーユニットを開放型で使用した場合、低域高域とも周波数レンジを伸ばすのが難しいとされている。ところが「LAB II」ではメカニカルイコライザーを3Dプリンタで造形することに成功し、今までの製造方法では不可能であった形状を実現している。

要は「不可能を可能にするために3Dプリンタで実現したイヤホン」なのだ。そしてその音は驚くほど、良い。
Final Audio Design Headphones and Earphones 17

開放型のイヤホンは生まれて初めて使ったが、一般的なイヤホンにある密閉感が全く無いのにも関わらず、低音を含めてバランスの取れた音であるように聞こえた。耳の中に何かを入れているという感覚がなく、スピーカーで聴いているような広がりがあるクリアな音だと思った。

僕の感覚はあながち間違っていなかった。「LAB II」は、ガチのスピーカーで音楽を聴いているような人が、出張先でも同様のクオリティで音楽を楽しめるイヤホン、というコンセプトがあったという。移動中に使用できないこともないが、開放型であるがゆえに音漏れは必須。そして、耳にはめ込むというよりも耳の中に置いておく、という装着感であるため、すぐに抜け落ちてしまう。

イヤホンやヘッドホンはその携帯性ゆえに「移動しながら音楽を楽しめる」と勝手に思い込んでいたが、「移動先でも音楽を楽しめる」というのも確かにありだ。ゆったりとしたソファにくつろぎながら、聴きたい音楽を自宅さながらのクオリティで楽しみたい人にとっては高い満足感が得られるに違いない。

使用しているケーブルは、40万円のヘッドホンでも体験した、スーパーコンピューターの京のケーブル開発している潤工社と共同開発したOFCの動線をシルバーコーティングしたもの。
Final Audio Design Headphones and Earphones 19

接続端子はよくある3.5mm端子だったが、やはりこのイヤホンの持つポテンシャルを活かすのであれば高音質対応オーディオプレイヤーと対応音源は欠かせないだろう。
Final Audio Design Headphones and Earphones 18

残念ながら製造上の難易度から、「LAB II」製造再開をする計画はない。まさに”幻のイヤホン”となった「LAB II」を今回試聴させてもらえたのは非常にラッキーだった。

ファイナルが考案する「新しいイヤホンの在り方」

Make 1 2 3 Final Earphones01

現在、ファイナルは「自分だけの音を見つける」をコンセプトとした新しいイヤホン「Make」をMakuakeで資金調達を行っている。

これは、延べ5,000人を動員してきた人気イベント「イヤホン組立体験会」の経験に基づいて企画された、自分で音をカスタマイズできるイヤホンのクラウドファンディング。「Make1」「Make2」「Make3」という3種類のイヤホンが用意され、本体を一部分解して自分好みの音にカスタマイズできる仕組みになっている。要は「好みの音をハードウェアレベルで調整できるイヤホン」ということだ。

既に目標額200万円に対し1,290%達成の2,500万円を突破し、810人ものサポーターがいる大盛況プロジェクトとなっているが、1つを除き、すべてのコースがまだ支援可能!

興味ある人はキャンペーンページから詳細をチェックしてみるべし!

もっと読むイヤホンまとめ
あわせて読みたい