Samsung、「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を正式発表!ほぼベゼルレスの縦長ディスプレイが特徴

Galaxy S8 Press Images

2017年3月30日、ニューヨークで開催されている発表イベント「Galaxy Unpacked 2017」にてSamsungは「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を正式に発表した

最大の特徴は「Infinity Display(インフィニティ・ディスプレイ)」とSamsungが呼んでいる、ほぼベゼルレスのディスプレイ。ホームボタンを廃止し、上下のベゼルを極限まで削り、左右のベゼルは「Galaxy S7 Edge」でお馴染みの曲面デザインを採用しているため、表向きはほぼディスプレイという印象を受ける。

「Galaxy S8」は5.2インチディスプレイ、「Galaxy S8+」は6.2インチディスプレイを搭載し、解像度は2,960 x 1,440。「LG G6」が縦横比18:9の縦長ディスプレイを搭載していたが、「Galaxy S8」シリーズはさらに縦長。

「Galaxy S8/S8+」のスペック・仕様・特徴

採用されているプロセッサは「Snapdragon 835」。2.3GHzの4コアと1.7GHzの4コアを組み合わせた10nmプロセスを採用した最先端のCPUだ。

RAMは4GB。内蔵ストレージは64GBとなっているが、Micro SDカードで最大256GBまで拡張することができる。

IP68の防水性能を持ち、有線でもワイヤレスでも急速受電に対応。本体側面には「Bixby」ボタンが用意されている。

カメラは外向きカメラが1,200万画素のF1.7。内向きカメラは800万画素のF1.7になり、AFに対応。セルフィ需要に対応するスペックにアップデートされている。

「Galaxy S8」の本体サイズは148.9mm x 68.1mm x 8.0mm。重さは155g。「Galaxy S8+」の本体サイズは159.5mm x 73.4mm x 8.1mm。重さは173gとなっている。ディスプレイ面と背面側に「Gorilla Glass 5」を採用し、強度とデザイン性を共存させている。

Galaxy S8 Galaxy S8+
OS Android 7.0
プロセッサ 8コア (2.3GHz クアッド + 1.7GHz クアッド) / 64bit / 10nmプロセス 8コア (2.35GHz クアッド + 1.9GHz クアッド) / 64bit / 10nmプロセス
RAM 4GB RAM (LPDDR4)
ストレージ 64GB(Micro SDで最大256GBまで拡張可能】
ディスプレイ 5.8インチ Quad HD+ / 2960×1440 / 570ppi 6.2インチ Quad HD+ / 2960×1440 / 529ppi
サイズ 148.9mm x 68.1mm x 8.0mm 159.5mm x 73.4mm x 8.1mm
重さ 155g 173g
外向きカメラ デュアルプクセル1,200万画素 / AF搭載 / F1.7
前向きカメラ 800万画素 / AF搭載 / F1.7
バッテリー 3,000mAh 3,500mAh
急速充電対応
NFC 対応
Bluetooth Bluetooth 5.0
防水性能 IP68

「Galaxy S8/S8+」のハンズオン動画

既に驚くほど大量の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の先行ハンズオン動画が公開されていたので、紹介する!

機能面も魅力的ではあるが、それ以上に見た目がものすごく格好良い。ベゼルレスディスプレイ、使いやすいかどうかは別としてものすごく惹かれる。Appleは大丈夫なのだろうか……。