「watchOS 6」の新機能:生理周期管理機能の追加、新しい文字盤の提供など

Alvaro reyes 700677 unsplash apple watch

watchOS 6」は6月3日から開催される「WWDC 2019」で正式に発表される見通し。

BloombergwatchOS 6」に関する新情報を多数公開した。Apple Watchから直接アクセスできるApp Storeの提供や、ボイスメモ、ブックアプリ、計算機アプリなどが追加され、単体で利用できる機能が増える。また、薬摂取の通知や生理周期を管理するアプリも用意されるとのこと。

もちろん、時計としての新鮮さが感じられる新しい文字盤やコンプリケーションの追加も噂されている。以下、どうぞご覧あれ!

新たに発覚した「watchOS 6」の新機能・新情報まとめ

独立したApp Storeの登場

Apple Watchから直接アクセスできるApp Storeが用意される。現状、iPhoneから必要なアプリを検索し、インストールする必要があるが、「watchOS 6」からはApple Watchさえあればインストールできる。

ボイスメモの追加

Apple Watchにボイスメモアプリが用意される。今後はApple Watchで録音することが可能に。

アニ文字・ミー文字のサポート

iPhoneで作成した「アニ文字」および「ミー文字」をApple Watch上からスタンプとして利用可能になるとのこと。

ブックアプリ、計算機アプリの追加

Apple Watchに「ブック」アプリが追加される。もちろん超小型画面で読書するのではなく、オーディオブックを視聴できるようにするためだという。

また、計算機アプリが追加されるとのこと。Siriを使って計算してもらったほうが良いと思うのだが……。

薬摂取のリマインダー機能と生理周期機能の追加

次期watchOsでは健康関連機能も強化される。

薬を摂取するべきタイミングを通知してくれる「Dose」アプリ、生理周期を管理してくれる「Cycles」アプリが追加される。詳細は分かっていない。

新しい文字盤、コンプリケーションの追加

watchOS 6」では新しいコンプリケーションが追加される。オーディオブックの視聴状態がわかるもの、補聴器の電池残量がわかるもの、騒音や雨量などが可視化できるものなどが用意されているとのこと。

新しい文字盤も用意され、グラデーションが楽しめる「Gradient」、文字とフォントを指定して大きく表示できる「X-Large」、ローマ数字とアラビア数字を混ぜて表示する「California」、改良された「Solar Analog」、株価情報が確認できる「Infograph Subdial」の追加が予想されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索