カラーピッカーで画面上のカラーコードを取得できる、Google Chrome拡張機能「Color Picker」

Color palette 【img via Color Your life by Capture Queen ™

デザインをする際にインストールされているとかなり役立つ!

かなり前から使っているGoogle Chrome拡張機能なのだが、画面上にある要素や素材の色をカラーピッカーで取得できる「Color Pickerがかなり便利なので紹介する!

カラーコードはもちろん、RGB値も取得できる!

使い方は簡単!まずはChrome Web Storeからインストール!カラーコードを取得したいページを開き、拡張機能バーに追加された「Color Picker」ボタンをクリックする。マウスカーソルが十字架に切り替わるので、要素に合わせてクリック!

すると、以下のようにクリックした場所のカラーコードならびにRGB値が表示される!便利!
Color Picker Google Chrome
設定も用意されているが、僕は特に変更したことがない。選んだカラーの履歴も残るようになっている。
Color Picker Google Chrome
僕の使っているFireworksなどの画像編集アプリケーションであればスポイトツールなどでクリックした色を別の要素に反映することができるが、ウェブ上ではCSSならまだしも、画像のカラーコードを取得するのは不可能。その点、「Color Picker」はウェブ用のスポイトツールとして多くの場面で役立つ!

入れておいて損は無いので、気になる人はこちらからダウンロードしてみるべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!