見ているサイトのSNS反応数を一発表示できるGoogle Chrome拡張機能「Social Analytics」がイケてる

Social Analytics
自分の書いた記事がSNS上でどれほどシェアされているのか、気になる。そして、今話題のあの記事がどれほどシェアされているのかも、気になる。


そんな「シェア数」を簡単にチェックすることができるGoogle Chrome拡張機能「Social Analytics」があったので、紹介しておく!インストールするだけでTwitterやFacebookにおける話題性をワンクリックで知ることができる!

ソーシャルメディア上の反応をワンクリックでチェック!

Social Analytics」は無料。インストールするだけで右上のメニューバー内に新しいアイコンが追加される。

Social analytics
表示されているページのシェア数は自動的に取得され、アイコン上に合計シェア数が表示される。なんというイケてるエクステンションなんだ!

取得できるソーシャルメディア一覧と取得できる内容は以下の通り:

  • Facebook(いいね数、コメント数、シェア数、クリック数)
  • Twitter(ツイート数、リツイート数)
  • Delicious(ブックマーク数)
  • Google+(プラス数)
  • LinkedIn(シェア数)
  • bit.ly(クリック数)
  • StumbleUpon(ビュー数)
  • Pinterest(ピン数)

見ての通りFacebookのシェア数は幅広く取得できるため、シェアボタン1つでは可視化できない情報を知ることができてとても便利。さらには自分自身が書いた記事だけではなく、他の人が書いた記事などを知ることができて楽しい。ここにはてブ数とPocket登録数が追加されれば言うことはない。

見ているサイトがどれほどSNSで言及されているのかが気になって夜も眠れない人は無料のGoogle Chrome拡張機能「Social Analytics」を試してみるべし!


(via ネタフルライフハッカー[日本版]

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法