「Handoff」はiOSデバイスとMac間で作業を同期する画期的な新機能!

Handoff
OS X Yosemite」の新機能で個人的に最も画期的だと感じたのが「Handoff」。

何をしてくれるかというと、iPhoneやiPadで作業中だった内容をMacで続けることができるという機能だ。例えば、iPhoneで閲覧していたページをMacで簡単に見ることができたり、iPhoneで書き始めたメールの続きをMacで書いたりすることができる!

作業中のファイルも同期することができる画期的な機能

Macで作業していたファイルをそのまま移動しながらiPadでチェック、iPhoneで書き始めたメールをデスクについてMacで書き終えて送信。「Handoff」は特定のデバイスで始めた作業を別のデバイスで続けることができる画期的な機能なのだ。

例えばこの場合、iMacでKeynoteのファイルを作業しているとする。
Handoff
これをiPadでそのまま作業を続けることが可能になるということだ。
Handoff
もしくはiPhoneで書き始めたメールをiMacで開き、書き終えて送信することも容易。ユーザーは特別に何か意識する必要はなく、勝手に裏で同期し、当たり前のように動作するのだ。
Handoff
iPhone・iPad・Macなど複数デバイスを持ち歩きそれぞれで作業する人にとっては間違いなく便利な機能になりそうだ!これは早く使ってみたい!

OS X Yosemite」に関する他の記事もチェック!



(via The Verge

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ