「Office for iPad」のダウンロード数が2,700万DLを突破したことが明らかに!

Office for iPad
今年3月末にリリースされた「Office for iPad」。世間待望のアプリだったということもあり、公開後1週間で1,200万ダウンロードを突破したと発表している。

Business Insiderによると、現時点で「Office for iPad」のダウンロード数は2,700万DLを突破していることを明らかにした!

あくまでも無料ユーザーの数だが、それでも十分多い

1ヶ月半で2,700万ダウンロードされるようなアプリは早々にない。それだけ多くの人が欲しかったアプリであることがよく分かる。ただ、このダウンロード数はあくまでも無料ユーザーを含めた数字。有料ユーザー数は現時点では公開されていないようだ。


順調であるように見える「Office for iPad」だが、先日「Google Docs」「Google Sheets」のiPhone/iPadアプリがリリースされるなど、競合他社も傍観している訳ではない。確かにこれまでは書類の作成やプレゼンテーション資料の作成はOfficeを使うことが当たり前だったが、時代は確実に変化している。使われる機能が十分に提供されていれば有料アプリから無料アプリに流れることも十二分に考えられる。

幸いにもMicrosoftは「Office for iPad」の無料ユーザーを数多く囲い込めているようなので、今後彼らに対してどのようにして有料会員登録に促すのか(そもそもそのような予定があるのかどうかも知らないが)は気になるところだ。

(via 9T5oMac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー