買い切り型「Office 2021」、国内価格が発表 10月5日リリース

個人利用できるMicrosoft Teamsが含まれ、Microsoft 365で提供しているコラボレーション機能の多くが利用できる

Office 2021 pricing

日本マイクロソフトが、10月5日にリリースする永久ライセンス版(買い切り型)「Office 2021」の国内価格発表した。Office 2021はmacOS、Windows 11、Windows 10で動作。利用には、Microsoft アカウントとインターネット接続が必要だ。

Office 2021には、個人利用できるMicrosoft Teamsが含まれており、チャットや音声/ビデオ通話でやり取りが可能。またMicrosoft 365で提供しているコラボレーション機能の多くも利用できる。

単体製品およびOffice統合製品の国内価格(税込)は、以下のとおり。Amazonではオンラインコード版が税抜き価格で購入できる。

単体製品の国内価格

Office 2021 pricing 2

Office 統合製品の国内価格

Office 2021 pricing 1

公開情報
更新日2021年10月17日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索