「Move to iOS」アプリ、1年間で1,000万ダウンロードを突破

Iphone and android
Appleはこれまで度々「多くの人がAndroidから乗り換えている」とアピールしてきたが、具体的な人数は未だに良く分からない。今度も明らかにされることはないだろう。

ただ、ざっくりとした数字であればGoogle Playを見れば分かる。「Move to iOS」アプリのアプリ情報によると、現在のインストール数は1,000万回を突破したことが明らかになっている!

ダウンロード数 ≒ AndroidからiOSに移行した人数

「Move to iOS」アプリは2015年9月に公開。評価は最悪、レビュー欄は大荒れという盛大なスタートを切り、記事執筆時点でも82,097件の評価のうち星1つが44,380件も付いているが、総合評価は2.7と意外と悪くない。リリース時に比べたら、相当良くなった。

Move to iOS
今回注目するべき箇所は「ADDITIONAL INFORMATION」と書かれた箇所にあるアプリ情報。インストール数が「10,000,000 – 50,000,000」と書かれていることからアプリは少なくとも1,000万回以上ダウンロードされていることが分かる。

Move to iOS 2
もちろん、「Move to iOS」をインストールした人が全員AndroidからiOSに移行したとは限らないが、Androidスマートフォン内の情報をiOSに移す目的以外には使えないアプリであるため、厳密に1,000万人以上がiOSに移行したかどうかは別として、相当な人数が使用していると見られる。


(via Boy Genius Report

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品