【CP+ 2015】参考展示!宇宙撮影専用カメラ「Nikon D810A」フォトレビュー

Nikon D810A
Nikonが宇宙を撮影することに特化した一眼レフカメラ「D810A」を発表した。天体撮影に特化した光学フィルターチューニングを実施していることから、限られた人にとってはドンピシャな機種だ。

「CP+ 2015」でその「D810A」が参考展示されていたので、紹介する!

「D810」をベースにした天体撮影専門モデル

「D801A」は「D810」をベースにして開発された天体撮影専門一眼レフカメラ。公式ページによると「一般的なデジタル一眼レフカメラでは淡くしか写せないHα線の波長で光る星雲を、期待どおりに赤く写せます」と書かれている。「D810」と比較してもHα線の透過率は約4倍もあるそうだ。

Nikon D810A
Nikon D810A
Nikon D810A
Nikon D810A
Nikon D810A
Nikon D810A
「D810A」は2015年5月下旬発売予定。発売価格は40万円と予想されている。

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ