【CP+ 2015】スマホと連携するレンズカメラ「Olympus Air A01」フォトレビュー

Olympus Air A01

2013年にソニーからスマホに接続利用できるレンズカメラ「サイバーショット DSC-QX100/QX10」が発表され、話題になった。スマホをファインダーとして利用し、どのような角度からでも自由に撮影することができるのが大きく注目され、各所で取り上げられた。

2年後、今度はオリンパスから同じくレンズカメラが発表された!「CP+ 2015」でスマホと連携するレンズカメラ「Olympus Air A01」が展示されていたので、紹介する!

「Olympus Air A01」の外観をチェック

まずは「Olympus Air A01」の外観をチェック!ソニー製のレンズカメラよりも本体そのものが大きい。
Olympus Air A01

底面にはWi-Fiのスイッチと本体を充電するためのMicro USBポートがある。
Olympus Air A01

中央にあるグレーの大きいボタンがシャッター。その下に電源ボタンがある。
Olympus Air A01

三脚用のネジ穴もある。
Olympus Air A01

「Olympus Air A01」の最大の特徴は、マイクロフォーサーズ規格のレンズを交換して使用することができるということ。写真で言うと、銀色の部分がレンズ部分となっているので、これを他のレンズに交換すればさらに写真の幅が広がる、ということだ。
Olympus Air A01

「Olympus Air A01」を使って写真撮影をしてみた

Olympus Air A01

早速「Olympus Air A01」を使って写真を撮影してみた。なかなかコツが掴めず、シャッターも上手に切れずに苦戦したが、それは片手に「Canon EOS 70D」を使って撮影しようとしているからだということに気が付いた。それはそうだ。レンズが僕の方を向いているので、奥にある「iPhone 6 Plus」に僕が写っていることが分かるだろうか。
Olympus Air A01

こちらは天井に向けているので、天井が写っている。
Olympus Air A01

もう一度自分に向けてみた。どうも、どうも。
Olympus Air A01

撮影に使ったレンズは「M14-42F3.5-5.6 2 R」。ここまで寄ることもできれば……
Olympus Air A01

…ここまで引くこともできる。使いやすいレンズだった。
Olympus Air A01

時折通信に失敗する場面があった。Wi-Fiが混み合っていることが原因だと思われる。
Olympus Air A01

このようなセットが用意されていたので、ミニカーを撮ってみることに。
Olympus Air A01

このようにフォーカスを合わせたい場所をタップすればそこにピントが合う仕組みだ。
Olympus Air A01

トイカメラのような写真が撮れた。周りが暗くなるのはレンズのせい?
Olympus Air A01

「よし、これで十分触ったな」と置いた瞬間にまたこのエラー。あらら。
Olympus Air A01

「Olympus Air A01」は2015年3月6日に発売予定。ボディのみで36,504円(税込)、今回試した14-42mmのレンズキットは53,784円(税込)となっている。