カメラの祭典「CP+ 2016」でコンパニオンを撮ってる人を撮ってきた

CP+ 2016 by Susipaku
gori.meの皆さん、こんにちは!ぱくたそフリー素材の管理人すしぱくです!(‘A’)ノ

年に一度のカメラの祭典「CP+ 2016」が横浜で開催されております。2016年2月25日~28日までなので、是非とも興味がある方は行ってみてください!



カメラマンである僕はg.O.R.iさんと同行して報道関係者枠で25日から会場入りしました。気になる新商品情報や会場の雰囲気などは、これからアップされるであろうg.O.R.iさんの記事で確認していただければと思います。

今回寄稿させていただいたのは、g.O.R.iさんがこちらの記事で書かれている、コンパニオンに配慮しているg.O.R.iさんを撮影し、思ったことを書いてみました。キレイに撮るという定義についてはアレですが、読んで頂けると嬉しいです。

ここは撮影会場ではないこと

どこのイベントでも、

  • コンパニオンを好きに撮影できる
  • コンパニオンは撮られるのが当然だ

という雰囲気があります。

コンパニオンとは依頼された企業のPRとして、冊子を持ったり、衣装を着てポーズをしてくれているので間違ってはいないのかもしれませんが、上記が当たり前だと思って会場に来ているカメラマンは撮影イベント(撮影会)や個撮とは異なるということを知らないのだろうか。

CP+はカメラのイベントということもあり、カメラを持った参加者が圧倒的な割合です。

CP+ 2016 by Susipaku 「Canon 1DX Mark2」の様子

そういう意味では他の見本市とは異なり、独特かもしれません。

コンパニオンへの配慮

僕がフリーランスになったきっかけでもある、g.O.R.iさんの配慮する姿勢と考え方は、ポートレートを撮るカメラマンにとってものすごく大事なことが多いです。

コンパニオンさんに配慮する撮影マナーとは具体的にどうするべきか。

まず、撮影する前に撮影しても良いか、しっかりとコンパニオンさんに確認を取りましょう。よほどのことがない限り「NO」とは言わないとは思うが、「これから撮らせて下さい」ということを伝える意味でしっかりと聞くことが大事。

via 「CP+ 2016」を彩る美人コンパニオン写真まとめ & 思いやりのある撮影マナーについて


撮影直前は元気な声で「よろしくお願いします!」の一言を、撮影後は元気な声で「ありがとうございました」の一言で締める。挨拶は基本中の基本だと思うので、特に大事にしている。終わった後は共に配っているパンフレットなどをもらいつつ、アピールしている内容に耳を傾けると特に好印象ではないだろうか。

via 「CP+ 2016」を彩る美人コンパニオン写真まとめ & 思いやりのある撮影マナーについて


CP+での様子を撮影したのがこちら。

CP+ 2016 by Susipaku
CP+ 2016 by Susipaku
CP+ 2016 by Susipaku
1人ひとりに挨拶していました。

コンパニオンの方には必ず声をかけて、しっかり製品紹介を聞くーー僕はこれがあたり前のマナーだと思っていましたが、撮るだけ撮ってお礼も言わずに消えてしまう人が実に多かった。それが報道関係者や、プレスと書かれたネームカードをつけていたり、コンシューマ機以上の機種をもった(プロ)カメラマンの人達もいて正直ガッカリしました。

CP+ 2016 by Susipaku
このことについて、g.O.R.iさんはこう言います。

僕は昨年、コンパニオンさんを撮影する時、どのように撮影していいのかわかりませんでした。周りのフラッシュがすごすぎて、可哀想だと思いながら、自分の撮影で声をかけていいものなのか悩みました。

だから、望遠で迷惑をかけないように撮影していたんです。

今は、ぱくたそのモデルさんと撮影することによって、コミニケーションを取る重要性、キレイに撮る必要性、を感じて次第に声をかけられるようになりました。

ですから、挨拶出来ないカメラマンは、恥ずかしいのと、怖さがあると思うんです。

だけど、一言「撮らせてください」の勇気があれば、コンパニオンの人も笑顔も撮れるし、会場のマナーは良くなっていくと思うんですよね。


と、平然と話してました。すばらしいですね。(‘A’)

g.O.R.iさんは、コミニケーションを取りやすくするために服装や髪型にも気をつけていますからね。

CP+ 2016 by Susipaku
CP+ 2016 by Susipaku
CP+ 2016 by Susipaku
清潔感があった方が撮影される方も必要以上に構えることなく撮ってもらえるので大事なことだと思います。

フラッシュを使う使わない話

僕はお仕事の撮影では、ほとんどの案件でフラッシュを使います。とはいえ、フラッシュを使えない場所や使ってはいけない雰囲気の場所では、使わなくてもキレイに撮れるように光源を見つけたり、設定を見直して撮ります

g.O.R.iさんはフラッシュは眩しいとコンパニオンに配慮しながら撮る、要はここは撮影会場じゃないので、カメラマン側がレンズや設定値でカバーするべきとした撮影スタイルを貫いています。

CP+ 2016 by Susipaku
コンパニオンさん側としたらフラッシュがないと影ができてしまい、フラッシュでキレイに撮ってもらいたいという要望はあると思いますが、極力フラッシュを使わずに、自らの腕でキレイに撮るというスタイルも選択としていいと思います

この配慮する姿勢で昨年の写真を超える写真を公開したg.O.R.iさんの説得力。相当悔しかったんでしょうね。

今回、g.O.R.iさんはリベンジということでフラッシュを使わなない写真を撮ることに強くこだわっていましたが、どうしても使わないどうにもならない時の対応を訪ねてみたところ、「フラッシュを使わないことに固執しすぎるのも良くないので、どうしても使わないといけない場合は『フラッシュを使わせて下さい』と一言添えるといい笑顔もらえるかもですね」と語ってくれました。g.O.R.iさんらしい配慮ですね。

おわりに

CP+ 2016 by Susipaku
知り合いのコンパニオンはCP+は「フラッシュや撮る人が多くて目の乾燥が辛くてしんどい」という話を聞きます。また、会場でカメラマン同士の小競り合いもあるそうで、カメコさん達のマナー向上を切に願います。

まだ読まれていない人は是非ご覧下さい

この記事を書いた寄稿者
susipakuすしぱく

ぱくたその運営管理人です!(‘A’)ノ 楽しければいいいのですよ。

誰でも出来ることをただ続けるのが大好きです。 Web制作も出来ますが、できたらディレクション・プロデュースを主業務にしたい今日このごろ。
Twitterすしぱく(@susipaku)さん
Webぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード
Blogすしぱくの楽しければいいのです。

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!