ウェブメディアに大打撃?!「iOS 9」、Safariで広告をブロックする機能を実装か?!

Safari for iphone 【img via Janitors

ウェブメディア運営者やブロガーなど、Google Adsenseを筆頭にアドネットワークによる収益に依存してきた媒体は今秋以降、大打撃を受ける可能性がある。

9To5Macによると、iOS 9」からはSafari内で表示される広告をブロックする機能が用意されていることを明らかにしている!これはウェブメディアにとって極めて大きな影響を及ぼす可能性があると言っても過言ではない。

ウェブページ読み込みの際に広告を非表示にする機能

いわば「広告ブロック機能」と呼ばれるこの機能は、ウェブページ読み込みの際に広告を非表示にする機能。パソコン向けブラウザ用の拡張機能としては提供されてきたが、スマートフォン向けには未だに存在していなかった。

幸いにも「iOS 9」の広告をブロックする機能はデフォルトでSafariに実装されるということではなく、iOSデベロッパーが広告ブロック機能を実装できる機能を用意した、ということ。パソコンの拡張機能と同様に、ユーザーはそのような機能を持つアプリをApp Storeからダウンロードし、広告をブロックできるという意味だ。

gori.meを筆頭にネット広告を活用して収益化をしているウェブメディアは少なくない。これが実施されれば僕の大ダメージを受けることは目に見えていて今後の動向に戦々恐々としているが、最も窮地に立たされているのは他でもなくGoogleだろう。

Content blocker 【img via 9To5Mac

iOS 9」の新機能として発表された新しいSpotlightも「Safariを使ってググる」という行為からユーザーを遠ざけようとする意図があることは以前伝えた通りだが、まさかGoogleの収益源さえも脅かすとは恐ろしい。Apple好きを公言している僕だが、今回ばかりは複雑な心境であると言わざるを得ない。


確かにネット広告はコンテンツの妨げになる場合もあるが、広告モデルがあるからこそ世の中の多くの情報を無料で手に入るということも事実。このことについてMarket Hackには以下のように書かれていた。

ウェブメディア各社が広告モデルから得られる収入の道を絶たれれば、すべてが有料化に向かい、結果として消費者にそのツケが回ってくる可能性があるわけです。それはアップルに対するbacklashになりかねません。

via アップルがiPhone、iPadで広告非表示機能を開始か 次世代サファリに実装? – Market Hack


あらゆるディスプレイ広告が排除される代わりに、これまで無料で閲覧できていた情報が有料になったり、非公開グループ限定の情報になるなど、情報が閉鎖的になる可能性がある。広告が無くなりコンテンツが見やすくなると思いきや、課金せずに見られなくなってしまうかもしれない

国内はiPhoneの割合が圧倒的に多い。最終的に「iOS 9」が正式リリースされるときにどうなるのか、それに伴い今後のウェブメディアはどのようにするべきなのか、今後の動向に目が離せない。

どうなることやら……。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!