【レビュー】友人イラストレーターに「iPad Pro」と「Apple Pencil」を試してもらった

Apple Pencilのイラストレーターレビュー
iPad Pro」の存在価値を高めてくれる専用アクセサリー「Apple Pencil」。素人なりに試してみたが、その書き心地は予想以上に良かった。


普段絵を描かない僕は使っていて楽しいデバイスとなったが、普段イラストを描いているような人から見た「iPad Pro」と「Apple Pencil」は実際どうなのだろうか。「おもちランド」で我が子の成長を素敵なイラストともに綴っている友人、もち田もち子に試してもらったので、描き上がった作品やその過程、そして描き終えての感想を紹介する!

普段はWacom製ペンタブ使い!今回はイラストレーターアプリ「Procreate」を使用

今回協力してもらった友人は普段、Wacom製のペンタブレットIntuos Pen & Touch small Sサイズ CTH-480/S0」を使用。本職は別にあるが定期的にイラストを描いているため、「iPad Pro」と「Apple Pencil」が発売開始されたことを受け、試す機会を伺っていたようだ。

Wacom Tablet CTH 480
wacom Intuos Pen & Touch small Sサイズ CTH-480/S0
ワコム (2013-09-06)
売り上げランキング: 12,582

僕自身も普段からペンタブレットを使っている人試してもらいたいという思いがあったため、今回の企画が実現。絵を描く上で使用してもらったアプリは「Procreate」。「Apple Pencil」対応アプリの中で評判が良かったため、選んだ。


使ったことのないアプリを使ってイラストを描くため慣れるまで少々時間が掛かるかと思いきや、比較的すぐに慣れていた様子。「Apple Pencil」を初めて手に取った時の印象は「意外と重い」そうだ。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
まずは下書きから。みるみるうちに見慣れているおもちランドのイラストの原型が出来上がってくる。タイムラグの少なさが高く評価されている「Apple Pencil」ではあるが、友人曰く「タイムラグは少し気になる」とのこと。

特に気にしていたのは主線の書き出しが太くならないこと。筆圧に連動しているとは言え、最初のストロークが思う通りに太くならないようだ。ゆっくり描けば解決するものの、勢い良く描きたい時にはどうしても書き出した主線の先端が細くなってしまうことを悩んでいた。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
とは言いつつも、傍から見ている分にはそのことに悩んでいる様子も苦労している様子も全く分からず。着々とイラストの下書きらしきものが出来上がっていた。

「Apple Pencil」のキャップ部分が消しゴムのように機能して欲しかった、ともコメント。キャップを外して充電できるのは便利だが、確かに”鉛筆” と謳う以上、キャップで画面を触れると自動的に消しゴム機能が利用できる仕組みがあったら便利そうだ。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
「Procreate」は画面の左側に「Undo(元に戻す)」ボタンが常設。「右手で描き、左手ですぐに戻すことができるのは物凄く便利!」と興奮していた。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
そんなこんなで下書きが完成!次は色塗りに!
Apple Pencilのイラストレーターレビュー

「色塗り、楽しい」ーーはみ出し注意、2本指ズームが快適

イラストを描く人は下書きを描き、その上に新たなレイヤーを用意して塗るそうだ。言われてみれば当たり前のことかもしれないが、これまで考えたこともなかったので次回お絵描きをする時はレイヤーを活用してみたいと思う。

色を塗る上で使用するブラッシュを選択。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
そしてひたすら塗り続ける。タイムラグに少々もどかしさを感じていた友人だが、色塗りは物凄く楽しんでいた様子。子どもがある程度の歳なら親が絵を描き、子どもが塗るという使い方もできそうだ。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
ただ、友人は塗ろうとすると簡単にはみ出てしまうと指摘。アプリの仕様や慣れの部分も大きいかもしれないが、ペンタブ使いは思い通りに塗りつぶせずストレスを感じるかもしれない。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
特に苦労していたのは機能の呼び出し。目の前に全ての機能があるペンタブと違い、iPadアプリには2本指や長押しなどで呼び出すことができる機能があり、それを把握するまでに時間が掛かっていた。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
とにかく色を塗るのはとても楽しいようだ。細かい箇所は筆先を細くしてもはみ出してしまい、苦労していたが、慣れた手付きですぐに適応する姿は格好良かった。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー
iPadならではの操作で特に便利だと言っていたのは2本指ズーム。これが実に軽快に動作し、使いやすかったそうだ。
Apple Pencilのイラストレーターレビュー

完成作品と友人イラストレーターの感想まとめ

最後に、下書きから塗り終わるまでの流れをGIFアニメでまとめたのでどうぞ!

Omochiland on ipad pro
実際に塗っている様子をVineで撮影したので併せてどうぞ!






そして……完成した作品がこちら!可愛い!これが「iPad Pro」と「Apple Pencil」を使って描かれたとは思えない!いつも見慣れているイラストが自分の持っているデバイスから生まれたと思うと非常に感慨深い。

おもちランド、iPad ProとApple Pencilで描いてみた
なぜ「アナ」なのか、それは是非「おもちランド」からどうぞ!



友人イラストレーターの「iPad Pro」と「Apple Pencil」を試してみた感想

友人イラストレーターに「iPad Pro」と「Apple Pencil」を試してもらった感想をまとめると以下の通り:

  • 色塗りが楽しい
  • タイムラグは少し気になる
  • 主線を書く時にちょっとコツが必要(最初のストロークがなぜか太くならない)
  • いつでもどこでもイラストを描けることは魅力的
  • 2本指や長押しなど、iPadアプリならではの使い方に慣れるまで時間が掛かりそう
  • 2本指でズームインできるのは非常に楽
  • 塗りにはコツと慣れが必要(はみ出してしまう、筆の太さなど)
  • Apple Pencilの裏が消しゴムとして使えたらもっと良い

「iPad Pro」と「Apple Pencil」を使ってみて、欲しいか欲しくないかで言えば「会社のお昼時間にでも更新できるようになるので、欲しくなった」とのこと。ただやはりネックは価格。ペンタブと比較しても遥かに高く、手軽に購入しづらいことが難点だ。

日頃からイラストを描いてブログを更新している友人にとって「iPad Pro」と「Apple Pencil」があればやりたいことが全てできるようだ。個人的には「ノートパソコンの代わりにはなり得ない」とこき下ろしたが、人によっては本当に「ノートパソコンの代わりになる」ことを目の当たりにして、急に「iPad Pro」に対する期待感が高まってきた。

Apple Online Storeで「iPad Pro」「Apple Pencil」「Smart Keyboard」をチェック!

オススメ
iPad-Pro-Apple-Pencil-Omochiland-39.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法