【レビュー】「Anker PowerHouse」ーーアウトドアや災害時に役立つ、究極のポータブル電源

Anker PowerHouse のレビュー
先日、「究極のポータブル電源」がAnkerから発売開始された。


Anker PowerHouse」は434Wh/120,600mAhの超大容量電池を搭載するポータブル電源。12Vシガーソケット、ACコンセント、4つの「PowerIQ」対応急速充電USBポートを搭載し、重さは約4.3kg。モバイルバッテリーでお馴染みのAnkerではあるが、完全にその域を超えた商品と言っても過言ではないだろう。

普段はキャンプやアウトドアのイベントで利用する電源装置として、また、万が一災害などの緊急事態が発生した時に活用できるバックアップ用電源として1台手元にあると安心かもしれない。1台サンプルとして提供して頂いたので、「Anker PowerHouse」のサイズ感や使い勝手などを紹介する!

「Anker PowerHouse」の外観をチェック

まずは外観から。写真で見ると一見あまり大きそうに見えないが……
Anker PowerHouse のレビュー
……iPhoneと並べるとタダ事ではないことが一目瞭然だ。普通のモバイルバッテリーとはわけが違う。
Anker PowerHouse のレビュー
搭載されているポートはすべて前面にまとめられている。本体の充電は1番左にある「INPUT」から専用の電源ケーブルで行う。隣がシガーソケット(DC電源)、「PowerIQ」対応のUSBポート4つ、そしてAC電源が揃っている。
Anker PowerHouse のレビュー
その他はこれと言った特徴はないので以下まとめてどうぞ。取っ手は内側が持ちやすいようにクッション性のある素材が使用され、底面は本体が極力傷つかないよう、太く、厚みのあるゴム製の脚が4本取り付けられている。フローリングなどにおいてもしっかりとグリップして固定される。
Anker-PowerHouse-Review-06.jpg
Anker-PowerHouse-Review-08.jpg
Anker-PowerHouse-Review-07.jpg
Anker-PowerHouse-Review-01.jpg
Anker-PowerHouse-Review-11.jpg
続いて、「Anker PowerHouse」のサイズ感やどの程度のテバイス数を出力できるかなどについて試してみた!

実際に手に持ってみてサイズ感を確かめてみた

「Anker PowerHouse」のサイズは約200 × 145 × 65mm、重さは約4.3kg。日頃からトレーニングしているせいなのか、初めて持ち上げた印象としては「意外と軽い」ということ。それも後に紹介する大量の機器を同時に充電することができておきながらもこのサイズ、この重さと言うのは非常に優秀としか言いようがない。
Anker PowerHouse のレビュー
さすがに普段持ち運ぶことは無いと思われるが、必要な時に手持ちしていても違和感はない。
Anker PowerHouse のレビュー
両手で抱えてみるとこのようなサイズ感。
Anker PowerHouse のレビュー
程良いサイズ感なので思わずジュークボックス気取りをしたくなる。
Anker PowerHouse のレビュー
ヘイ、ヨーウ!ワッツァープ!
Anker PowerHouse のレビュー
PowerHouse-Gori-2

Macやらデバイスやら、色々と繋げて充電してみた

では実際に「Anker PowerCore」はどれぐらいのデバイスを接続することができるのか。試しに自宅で日頃から使用している様々なデバイスを繋げてみた。

その前に「Anker PowerCore」の使い方を簡単に解説する。最近のAnker製モバイルバッテリーはデバイスを接続すると自動的に充電が開始されるが、この製品に関しては実際にデバイスを接続後、各ポートの上にあるボタン(「12V」「USB」「AC」)を押すことによって電源オンの状態になり、充電が開始される仕組み。何が起動しているかはポートの上にあるLEDディスプレイで表示される。中央に大きく表示されている数字は電池残量だ。
Anker PowerHouse のレビュー
このように専用の電源ケーブルを使用し、本体を充電する。満充電するのに掛かる時間は6時間。なお、フル充電後の使用可能時間の目安として、iPhoneであれば約40回、ノートパソコンであれば約15回、小型の冷蔵庫であれば7時間は持ち、15Vのキャンピングライトであれば100時間以上使用し続けることができる。凄まじい。
Anker PowerHouse のレビュー
次々とデバイスを繋げてみたところ、本体周辺がカオスに。まあこれは仕方ないだろう。シガーソケットには「Anker PowerDrive+ 3 」を差し込みUSBポートとして利用できるようにしてみた。AC電源にはタコ足を装着。
Anker PowerHouse のレビュー
その結果、15インチ型「MacBook Pro Retina」12インチ型MacBook28インチ型4Kディスプレイ、「iPad Air 2」、9.7インチ型「iPad Pro」を同時に充電することに成功。個人的にはディスプレイが何事も無かったのほうに点灯した時には感動した。
Anker PowerHouse のレビュー
なお、本体を充電しながらデバイスの充電を行うことはNGだ。万一何かの特別な事象でできた場合でも、本体に過剰な負荷がかかり製品寿命を縮めてしまう可能性があるとのことで、基本的には使用する時は本体を予め充電しておいた状態で使いましょう。6時間で満充電になるので一晩中コンセントに挿しておけばOK!

Anker PowerHouse」は本日6月6日から発売開始となっている。気になる人は下記からチェックしておくべし!


「Anker PowerHouse」の製品仕様

Anker PowerHouse
容量14.4V / 434Wh
入力DC 16.8V / 7.5A
出力DC: 12V / 10A、AC: 110V ~ 1.29A、USB: 5V / 6A (各ポート最大2.4A)
出力ポート数DC x 1, AC x 1, USB × 4
サイズ約200 × 145 × 65mm
重さ約4.3kg

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!