フリーミアムモデルが主流だから!iPhoneアプリの平均価格は0.19ドル、iPadアプリは0.5ドル、Androidアプリはまさかの0.06ドル

iPhone、iPad、Androidのアプリ価格平均 【img via Cult Of Mac

フリーミアムモデルが主流であるからこそ仕方ないが…それにしても安すぎるね。

Flurryの調べによると、iPhoneアプリの平均価格は0.19ドルとなっているようだ。iPadアプリでさえも有料アプリの最低価格に及ばず0.5ドルに留まっている。

今後はフリーミアム・広告モデルのアプリがさらに増える?!

調査対象となっているのはFlurryのサービスを利用しているアプリ350,000個。2013年6月時点でのApp Storeに掲載されているアプリ数は90万なので全体の3分の1となっているが、それでもいかに今もアプリ市場は無料アプリが独占しているかがよく分かる調査結果だ。

今のユーザーはよほどの価値が無い限り、アプリに課金しない。今後はフリーミアムモデルや無料広告モデルのアプリがさらに増えるだろう。

ちなみにAndroidアプリの平均価格はiOSアプリをさらに下回る0.06ドルとなっている。有料アプリのリリースを検討している人はユーザーに納得してもらえるような有料ならではの価値を提供できるかを改めて考える必要がありそうだ。

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告