「iPhone 6」は湾曲ディスプレイ搭載?!曲面ガラスを採用か?!

Iphone6s iphone6c concept image
次期iPhoneはやはりメジャーアップデートということもあるのか、ハードウェアとしても大幅に変わりそうな予感がする!

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が得た信頼できる情報によると、iPhone 6」は曲面に沿うように湾曲した曲面ガラスを採用している可能性があると報じている!

新iPhoneは「SQUAIR CURVACIOUS BUMPER」を装着した状態と似ている?

新たに発覚した情報は曲面ガラスを採用する可能性があるということだけではない。具体的な端末のデザインについても言及されている!

同情報元によると、次期iPhoneは「SQUAIR CURVACIOUS BUMPER」と言うiPhone用ケースを装着した状態に非常に似ているとのこと。金属の筐体で、これまで「iPhone 5s」や「iPhone 5」で採用されてきたアンテナのために分割された形状は採用されないとのこと。

下記画像の右側にあるのが「SQUAIR CURVACIOUS BUMPER」。確かにこれまで噂されてきた丸みを帯びた筐体と似ていると言える。
SQUAIR CURVACIOUS BUMPER
また、本日紹介した「iPhone 6」用シリコンケースのレビュー動画にもあった通りスリープボタンは側面に移動すると言われているが、やはりSIMカードトレイの上側に移動するとのこと。


次期iPhone最大のライバルと言えば、「Galaxy S5」。Samsungの最新フラグシップモデルには「iPhone 6」や「iWatch」に搭載される可能性が高い機能ばかり。Appleが準備中である新製品に関する噂を聞きつけてSamsungがいち早く製品化した可能性も否定できない。

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法