「MacBook Pro (Late 2016)」の修理受付停止、修理診断ツールの提供遅れが原因

MacBook Pro Late 2016 Error
GPU不具合による画面表示の乱れを始めとしたあらゆるバグや動作不良に見舞われている「MacBook Pro (Late 2016)」だが、Appleは修理受付をすべて停止している。


このことについてMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、Appleが「MacBook Pro (Late 2016)」の修理受付を停止しているのは修理診断ツールの提供が間に合っていないことが理由であると報じている!

OSベースの診断ツール「Apple Service Toolkit」待ち

本来、AppleはOSベースの診断ツール「Apple Service Toolkit」によってMac本体の問題を特定し、然るべき対応を取ることになっている。現状、その然るべき対応が何であるかを診断するためのツールが提供できていないことから、修理受付を行ったところでAppleとしては何もできず、受付を停止していると見られている。

修理分解に必要とされる道具や部品はすべて揃っているとのことで、あとは診断ツール待ち。確かに受け付けたところで何もできないのであればまるっと停止することはやむを得ない。

ただ、新モデルが発売開始されてから既に1ヶ月半も経っているのにも関わらず修理受付ができていないこの状況はやはり問題がある

さらに、Apple 製品1年限定保証に書かれている内容だ。仮に修理期間が長期化し、新型「MacBook Pro」の使用期間が失われたとしても、Appleはその責任を一切負わないと記載されているのだ。

本保証で規定されている場合を除き、法で許容される最大限の範囲において、Apple は、あらゆる保証または条件違反、もしくは使用機会の喪失、収益の損失、実利益もしくは見込利益の損失 (契約上の利益の損失を含みます)、資金の使用機会の喪失、コスト削減の機会の喪失、事業の喪失、機会の喪失、営業上の信用の喪失、評判の喪失、データの喪失、損傷、漏洩、もしくは破損を含むがこれらに限定されないその他の法的理論に起因する直接、特別、付随的、または結果的損害について、もしくは機器および所有物の交換、Apple 製品に保存されていた、または Apple 製品と併用されるあらゆるプログラムまたはデータの修復、プログラミング、もしくは再生の費用、または Apple 製品に保存されていた情報の守秘義務違反に起因する場合を含む、いかなる原因で発生した間接的または結果的な損失もしくは損害についても、一切その責任を負いません

※強調はgori.meによるもの

不具合が多発している製品に対して1年間保証をすることを謳っておきながら購入者に対して事前の通達をすることなく修理受付を停止し、修理受付ができずに使用できないことに対しては責任を負わない。冷静に考えて最悪ではないだろうか。一刻も早く診断ツールを用意し、修理受付を再開してもらいたい。

一部情報によるとOSのクリーンインストールによって動作が安定すると言う情報もある。特にAdobeアプリケーションの動作が安定しないという人は一度試してみると良いかもしれない。

根本的な解決にならないかもしれないが、下記記事も参考にどうぞ。

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ