2017年発売の「MacBook Pro」、最大32GBのRAMを搭載可能に?!値下げも実施される可能性

Macbook pro retina display
4年ぶりに刷新された新型「MacBook Pro」には「Touch Bar」と「Touch ID」が追加され、薄く、軽く、コンパクトになって性能が大幅に向上した。

同時に価格も驚くほど上がった。二度見しても信じられないぐらい、高い。

「Touch Bar」の可能性がイマイチピンと来ない、もしくは高すぎて買う気になれない、もしくは何かしら買わない理由を探している人は来年まで待ってみても良いかもしれない。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2017年に発売する「MacBook Pro」では値下げが実施される他、最大32GBのRAMを搭載可能になるかもしれないと伝えている!

メモリ32GBが搭載可能かどうかはIntelのチップ次第

Kuo氏によるとAppleはメジャーアップグレードモデルを比較的高値に設定し、翌年に値下げする傾向にあると指摘。言われてみれば、初めて「MacBook Air」が発表された時はスペックの低さに対する価格の高さには驚いたものだ。

すべてのポートをUSB-Cに変更したことによって周辺機器を使うことができないと嘆いている人もいるはず。実際、1ヶ月前に発表された最新のiPhoneが新型「MacBook Pro」で充電できないというのはなかなかだ。充電はコンセントから、同期はWi-Fi経由でやれということなのだろうか。


個人的に気になるのは2017年の「MacBook Pro」にはRAMが最大32GBまで搭載可能になるということ。今年のモデルが16GB留まりなのは電池持ちとの兼ね合いであると解説されている。


2017年の「MacBook Pro」のRAMが最大32GBまで搭載可能になるかどうかの鍵を握っているのはIntel製プロセッサー「Canonlake」。消費電力が「LPDDR 3」メモリチップと比較して15〜25%低い「LPDDR 4」メモリチップが搭載可能になるため、32GBまで増やすことが可能だという。

「Cannonlake」がスケジュール通りに量産体制に入れない合、次期「MacBook Pro」はプロセッサーに「Coffee Lake」を採用することになり、最新モデルと同様の「LPDDR 3」メモリチップとなり、最大16GBのままになる。

値下げするたびに必要以上に批判されるAppleだが、CNETのインタビューでAppleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長Phil Schiller氏は価格はしっかりと考慮していると述べている。価格がネックで買う気になれないのであれば来年まで待っても良いかもしれない。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品