カップルで2泊3日!冬の北海道旅行、全行程まとめ

カップルで行く、2泊3日の北海道旅行
もう既に2ヶ月以上前のことだが、写真を見返すともう一度行きたくなる北海道。お寿司、スープカレー、ラーメンなど糖質パラダイスではあるが、やはり糖質は美味しい。カロリー最高。

前回の旅はとにかく食べてばっかりだったが、最終日は天気を恵まれMacの壁紙でお馴染みの青い池も見ることに成功。「白い恋人パーク」も満喫することができ、散策するだけでも楽しめる旭川駅も立ち寄ることができたので、非常に充実した旅行だった。

北海道はとにかく広大。2泊3日と言えど、車で移動するには相当な時間が掛かってしまうため、立ち寄れる場所は限られてしまう。

そこで、2人で北海道旅行を企画しているカップルのために今回僕と彼女が11月に行った2泊3日の北海道旅行の全行程をまとめたので、参考にどうぞ!

1日目:新千歳空港→白い恋人パーク→小樽

出発は羽田空港から。利用した航空会社はスカイマーク。早割があるので航空券とは思えない安さでチケットを確保。

本来であれば朝一番で向かった方が良かったのだが、犬を飼っているのでペットホテルに預けてから向かったため、12時25分のフライトに搭乗。新千歳駅に到着したのは14時。1時間半のフライトだった。


【グルメ】「えびそば一幻」で美味しい「えびみそラーメン」を満喫

えびそば一幻(いちげん)新千歳空港店
到着して真っ先に向かったのは「えびそば一幻」。川崎にも店舗があると聞いて少しショックを受けたが、北海道に降り立ち最初に口にしたものとしては最高の味だった。


【観光】「白い恋人パーク」で工場見学

白い恋人パーク
その後、トヨタレンタリース札幌 新千歳空港ポプラ店で4輪駆動のヴィッツを借りることに。この時期はまだ雪は積もっていないが、乗り慣れていない場所で運転するので保険にはしっかり加入した。

向かったのは「白い恋人パーク」。運転時間は約1時間。工場見学こと「ファクトリーウォーク」は600円。屋内なので天気に恵まれなかったとしてもチョコレートの歴史や白い恋人の作り方を学びながら楽しい時間を過ごすことができる。僕らは1時間半ほど滞在した。

なお、カップルで行く場合は「お菓子作り体験工房」は検討するべし。最終受付が17時で営業時間も18時までとなっているので、これに間に合うためには北海道到着時刻を早める他ない。


【グルメ】回転寿司「函太郎 小樽店」で手軽にお寿司を楽しむ

函太郎 小樽店
続いて「白い恋人パーク」から車で約1時間車で移動し、最初の宿泊先である「ホテルノルド小樽」に到着。小樽駅からも徒歩7分、小樽運河も目の前ということも良いが、全室Wi-Fi完備であるという理由で選んだ。

残念ながら温泉などはないが、備え付きの風呂は綺麗で快適だった。歩いて数分のところにローソンもあるので、夜食が欲しい人は活用するべし。

チェックインを果たし、向かった先は回転寿司「函太郎 小樽店」。とびっきり美味しいという印象は無かったが、東京都内で食べる「回転寿司」の域は確実に超えていた。


じゃらんで「ホテルノルド小樽」の詳細をチェック!

2日目:小樽→ノースファームストック→旭川

2日目は「ホテルノルド小樽」の美味しそうな朝食を取らずに「三角市場」に向かった。

【グルメ】「三角市場」内にある「北のどんぶり屋 滝波食堂」で朝から海鮮丼

小樽 北のどんぶり屋 滝波食堂
朝一番で行くと行ったものの、結局着いたのは8時45分頃。「北のどんぶり屋 滝波食堂」で「元祖わがまま丼」を頬張る。カニ汁も最高だった。

食後、お土産としてホッケや昆布、鮭などを購入。お魚好きの友達や家族に買ってあげるときっと喜ぶだろう。


小樽散策(ルタオ、北一硝子、六花亭、北菓楼など)

LeTAOの「ドゥーブルフロマージュ」と「ネージュブラン」
朝食後、ホテルで少々お仕事をこなしてから11時過ぎにホテルノルド小樽を出発し、小樽観光を開始。なお、小樽周辺を観光する上でどの道車を止めておく必要があったため、ホテルに追加料金を支払いホテルの駐車場に止めさせてもらうことに。

チーズケーキが人気の小樽洋菓子舗ルタオ北一硝子六花亭北菓楼の店舗を1時間掛けて散策。

【グルメ】「なると 本店」で「若鶏半身揚げ」

なるとの若鶏半身揚げ
続いて向かったのは「なると 本店」。「若鶏半身揚げ」がたった1,000円で食べられるので、海鮮に少々飽きたというカップルにはオススメ。両手を使って食べるので手が汚れるのを嫌がる人にはオススメできないが、トイレにはしっかりとキレイキレイがあったのでご安心を!


【買い物】「NORTH FARM STOCK」で北海道の味を大量にゲット

North Farm Stock
一度ホテルに戻り、車で「NORTH FARM STOCK」まで移動。約1時間の移動だが、直前に鶏をお腹いっぱい食べていたのでガムとコーヒーを買っておいて良かった。

「NORTH FARM STOCK」は北海道発のナチュラルブランド。その直営店が岩見沢市にあり、車が無ければ立ち寄ることは難しいだろう。

1階にある個性的なディップや食材が並び、2階にはカフェがあるので一休みすることもできる。持ち帰るのは重い上に危険なのでお土産は配送してしまうのがオススメ。詳しくは下記記事にまとめたが、僕らも大量に購入し、ちびちびと活用している。


【観光】「旭川駅」で散策!広大な敷地と個性的なデザインを楽しむ

Asahikawa-Station-Hokkaido-02.jpg
可愛い瓶に囲まれ1時間ほど過ごした後、2時間弱ほど掛けて旭川駅近くにある「ホテルラッソグランデ旭川」まで移動。このホテルは2015年7月にオープンしたばかりでとにかく綺麗。ホテル宿泊者であれば無料で「天然温泉みなぴりかの湯」も利用できる上に、Wi-Fiも完備。しばらく居座りたいと思えるほど満足度の高いホテルだった。

JR旭川駅東口から徒歩2分の場所にあったため、興味本位で駅を探索してみることに。利用者数が極めて少ないのにも関わらずアーティスティックな内装が施された駅構内には驚いた。周りのお店は19時頃には閉店してしまうが、駅を観光するだけでも十分楽しめる。


じゃらんで「ホテルラッソグランデ旭川」の詳細をチェック!

3日目:旭川→青い池→新千歳空港

3日目は朝起きて「ホテルラッソグランデ旭川」の朝ご飯ビュッフェを満喫することに。海鮮丼からジンギスカンまで、満喫したい北海道の味が大集結していたので朝から食べ過ぎたが満足度は高かった。本当に良いホテルだった。

【観光】「青い池」でMacの壁紙をリアルで見る

Blue-Pond-Hokkaido-08.jpg
朝食後、早々にチェックアウトして向かった先は「青い池」。これを見に行くために美瑛から近い旭川に宿泊したと言っても過言ではないが、これが大正解だった。

近いとは言え車で1時間は掛かったが、11月とは言え雪が積もるほどの寒さではあったため焦ることなく安全第一で移動することができた。到着は11時頃。天気にも恵まれ、観光客が少ない日取りと時間帯だったため、思う存分写真を撮ることができた。


【グルメ】「lavi」で北海道名物スープカレーを頂く

Shichitose-Soup-Curry-Lavi-Hokkaido-04.jpg
「青い池」を見てからは旭山動物園に立ち寄る計画だったものの、「青い池」で時間を使いすぎたことと搭乗前に空港でスープカレーを食べるという使命を果たす必要があったため、断念。これが結果的に大正解だった。

というのも、「青い池」から新千歳空港まで実に3時間以上も掛かってしまったのだ。「後で後で」と言っていたらどこにもガソリンスタンドが見当たらず、ガソリン切れの危機を乗り越えてギリギリ新千歳空港の近くにあるガソリンスタンドにたどり着いたのはいい思い出。北海道では東京の感覚でガソリンスタンドがあると思い込むと痛い目にあうので注意が必要だ。

搭乗時刻は16時10分だったが、何が何でもスープカレーを食べたかったので、お昼を我慢し、15時半頃に「Lavi」で念願のスープカレーを食べることに成功。美味しく頂き、大急ぎでお土産を買いあさり、無事目的の飛行に搭乗成功。帰りもスカイマークを使用した。


2泊3日の北海道旅行はまさに弾丸!ハードだけど充実

こうして僕らの2泊3日の北海道旅行は幕を閉じ、無事羽田空港に到着。犬を迎えに行き、家族3人揃って自宅に帰ることができた。

今回振り返ってみて、2泊3日で北海道を複数箇所回るのはなかなかハードだということを再確認した。とにかく観光名所間が離れているということと、冬場だと運転により一層気を使う必要があるため移動時間が掛かるということが理由だ。可能であれば3泊4日以上の日程で組んだ方がオススメだ。

ただ、回る箇所を絞ることができるのであれば2泊3日でも十分に楽しめる。大事なのは一度の旅行で回れなかった場所があったとしても大騒ぎしないこと。北海道が直近で消え去るわけではないので、また機会があればその時回れなかった場所を回れば良い。

北海道、また遊びに行きたいなあ。

るるぶ冬の北海道’16 (るるぶ情報版(国内))
JTBパブリッシング (2015-10-27)
売り上げランキング: 6,266

絶景からはじまる旅 北海道 (昭文社ムック)
昭文社 (2015-07-13)
売り上げランキング: 58,425

サイト内を検索して記事を探す

Hokkaido-Trip-2Nights-3Days.jpg

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

4件のコメント

  1. 匿名 より:

    あんまり美味しくない店ばっかり行ってるw

    • g.O.R.i より:

      ええええ美味しくないんですか?!Σ( ̄ε ̄;|||・・・

      僕としてはすごい満足度高かったので、次回はより美味しいお店にいくために是非とも美味しいお店を教えて頂ければと……!!!m(__)m

  2. 匿名 より:

    最初はカップルだったあなたたちが
    帰ってきたら家族3人って!!
    高度1万mで何が起こったの?
    ヴィッツで長時間ドライブしたら振られるわwwwww
    予算の記載が無いなら、もっと上のランクの方が長距離移動、タンクの面でも安心出来ると思うんだけど。何でケチった。

    • g.O.R.i より:

      違います違います、犬!!犬ですよ!笑。犬揃って帰って来たので3人、です!

      いや特に理由は無いんですが、普段の旅行ヴィッツで事足りてたので……(;´Д`)もっと大きい車の方が良かったんですかね!!

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。