軽くて薄いエコなアウターブランドKAPOK KNOTの最新作を試着!極薄シャツに感動した

薄くて、軽くて、着心地が良くて、丸洗いできるダウンと同じぐらい温かいアウター、最高じゃない?

Kapok Knot Farm to Fashion Base

KAPOK KNOTのダウンを知らない人は、人生を少し損している。発熱する新素材「カポック」を使用することで、環境と動物に優しく、軽いのにダウンの暖かさを実現。丸洗いもできる。デザインに好みのものがあれば、おすすめしたいアウターブランドだ。

僕と妻は、KAPOK KNOT製品を愛用中。昨年購入したエアーライトジャケットに加え、今年はMA-1も追加。数年前までは毎年必ず着ていたCANADA GOOSEも、クリーニングから帰ってきたまま出していない。他のアウターは、リサイクルショップに出してきた。それほど気に入っている。

先日、日本橋ショールーム「Farm to Fashion Base」を訪問。最新作を試着させてもらったので、紹介する。

薄くて軽いから着心地も良い!167cm男性の試着イメージ

MA-1

僕が購入したMA-1はブラックだが、素材感の異なるブルーを試着させてもらった。サイズはL。ブラックのほうがアウター感があり、ブルーはトレーナー感のある素材だ。ブルーも良かったが、ブラックのほうが好み。

Kapok Knot Farm to Fashion Base 07

カンガルーパーカー

カンガルーパーカーは、谷尻誠氏と谷尻直子氏とのコラボ商品。最初に製品をウェブ上で見たときは、完全に釣り人のようなデザインで袖を切り落とせる仕様に強い拒否感が出てしまったが、実物のブラックを見ると、想像よりも遥かによかった。着用はLサイズ。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 08

大きめのシルエットでプルオーバーのため、非常に温かい。フィッシングベスト特有のダサさは、ベージュほど目立たない。むしろ子育て中の身としては、大きいフロントポケットは役立ちそうだ。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 09

フード部分はツバがあり、アウトドア用を強く意識しているそうだ。フードはよく立ち、着たときのシルエットは好きだった。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 10

バルマカンコート

バルマカンコートのミントカラーは、大人気だそう。シルエットが綺麗で、上品さのあるアウターだ。着用はLサイズ。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 11

単体で着たときの雰囲気は好きだが、常にバックパックを背負う僕には少し合わせづらい。色味はとても良い。暗い冬だからこそ、似合うなら明るい色のアウターを着たい。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 12

キルティングジャケット

キルティングジャケットは、少し大きめに作られている。着用はMサイズのネイビー。スーツとの相性も良さそうだが、パーカーと組み合わせても良いだろう。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 13

Lサイズのブリック(オレンジ)は奇抜だが、明るくてエネルギッシュで良い。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 14

エアースムースシャツ

試着して最も感動したのは、エアースムースシャツ。クラウドファンディングサイト「Makuake」で1,500万円以上を610人から集めた大人気商品だ。

従来のカポック製品は5mm厚のシートを使っているが、エアースムースシャツは3mmのものを採用。わずか300gでダウンの暖かさを実現している。

冬の寒い時期はインナーダウンとして活躍するが、春先や秋口でも肌寒い時間帯の羽織物として活躍する。夏でも、無駄に冷房が効いた室内で着用する機会がありそうだ。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 16

見た目はシャツのようなデザインで、リバーシブル。男性用は、ブラック/ネイビーとカーキ/ベージュの2種類が用意されている。本来はボディサイズにジャストフィットするようなサイズを選ぶことが想定されているが、僕は薄めのアウターとしての着用を想定してLLを選択。袖も余裕がある。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 17

表側と裏側でデザインが異なる。カーキ側はシンプルなデザインだが、ベージュ側は胸ポケットにロゴがありキルティングのような柄が入っている。ページュで着用したとき、袖からカーキが少し見えて小洒落ている。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 19

エアースムースシャツは小さく折り畳めることができるため、持ち運びもしやすい。他のKAPOK KNOT製品と同様に、防風・撥水仕様で水洗い可能だ。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 21

インナーダウンとして活用するのもの良いが、ベストや前開きのパーカーと合わせるのも良さそう。手元に届いたらコーディネート例などを紹介したい。

製品の試着は日本橋ショールーム「Farm to Fashion Base」まで

KAPOK KNOT製品は、今年3月末までの期間限定でオープンしている日本橋ショールーム「Farm to Fashion Base」で体験できる。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 01

ショールームもサステイナブルにもこだわっており、遊休不動産をフルリノベーション。塗装は建築現場で廃棄予定だったものを使用し、鏡や天井などを塗ったという。店内随所に置かれているパイプ什器は自由に解体・組み立てが可能になっており、次のショールームでも再利用できるように設計している。
Kapok Knot Farm to Fashion Base 02

「Farm to Fashion Base」の店舗情報・来場予約方法
住所 東京都中央区日本橋室町1丁目10−1 宮永ビル1階
営業日時 金~日曜日 13:00~17:00
来場予約URL https://kapok-knot.com/products/showroom

もっと読む

9本の記事を表示する
ギャラリー

公開情報
更新日2022年01月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ライフスタイル」新着記事
トレンド検索