Apple Music、ロスレス対応を正式発表 空間オーディオ対応楽曲も追加へ

追加費用なしで6月から提供予定、ロスレス形式をサポートする楽曲数は7,500万曲

Apple Music Supprting Lossless audio

Appleは5月17日、Apple Musicがロスレスオーディオをサポートすると正式に発表した。Apple Musicユーザーは追加費用なしで利用でき、7,500万楽曲がロスレス形式をサポートする。

またApple Music上で、Dolby Atmosをサポートする空間オーディオに対応した楽曲の配信も発表。対応楽曲は順次追加される。

両サービスとも6月から提供開始する。具体的な日程は明らかにしていない。

サンプルレート16bit/44.1kHzから192kHz/24bitまで提供

ロスレスオーディオは、「設定」>「ミュージック」>「オーディオの質」から有効化できる。モバイル通信、Wi-Fiなどのさまざまな接続方法、またはダウンロード用にのソリューションを選択できる。

ロスレスオーディオのサンプルレートは、CD音源と同じ44.1kHz/16bitからスタートする。Appleデバイス上では48kHz/24bitで再生できるが、ハイレゾ音質(192kHz/24bit)での視聴には、DACなどの周辺機器が必要。ファイル容量および通信量が膨大になるため、ユーザー自身でオプトインする必要があると案内されている。

空間オーディオはH1/W1チップのAirPodsとBeatsがサポート

空間オーディオ/Dolby Atmosのサポートは、H1チップまたはW1チップを搭載するAirPodsおよびBeatsヘッドホンで利用可能。最新のiPhone、iPad、Macのスピーカーも対応する。

6月から対応楽曲の提供を予定しており、開始当初はAriana Grande、Maroon 5、Kacey Musgravesなどのアーティストによる楽曲が準備されている。対応楽曲は定期的に追加される予定。Dolby Atmos対応プレイリストも用意される。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年05月17日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:602402)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:602393)
    それでも48kHz/24bitまでですから、Appleが今後のアップデートに合わせて何か出力に必要な機器を用意するのか気になります。 AirPods Maxがアップデートでハイレゾ対応しますとかだったら凄いんですが。

    そうなんですよねぇ。。。いずれにしてもiOS側で制限してるのはもったいない

  2. 通りすがりの読者(コメントID:602393)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:602365)
    実はiPodはハイレゾ出力している上にウォークマンよりPAO信号が圧倒的に綺麗という衝撃的なオチ

    それでも48kHz/24bitまでですから、Appleが今後のアップデートに合わせて何か出力に必要な機器を用意するのか気になります。
    AirPods Maxがアップデートでハイレゾ対応しますとかだったら凄いんですが。

  3. 通りすがりの読者(コメントID:602365)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:602355)
    Apple純正ではあの極端に細いLightning to φ3.5しかない…。AppleはDAC作らないのかな? ところでハイレゾストリーミングだとセルラー通信下では気遣いが要るかも知れませんね。

    実はiPodはハイレゾ出力している上にウォークマンよりPAO信号が圧倒的に綺麗という衝撃的なオチ

  4. 通りすがりの読者(コメントID:602355)

    Apple純正ではあの極端に細いLightning to φ3.5しかない…。AppleはDAC作らないのかな?

    ところでハイレゾストリーミングだとセルラー通信下では気遣いが要るかも知れませんね。

「Apple Music」新着記事
トレンド検索