「Apple Music」、邦楽楽曲を拡充ーーソニーやビクターがついに参加

Apple Music

これからは「Apple Music」でも会いたくて震えたり、Best Friendについて大好きと言ったり、自分の取扱説明書歌ったりすることができる!

AV Watchによると、「Apple Music」にソニー・ミュージックやビクターエンタテインメントなどのレーベルが参加し、これまで欠点とされていた邦楽の配信楽曲数が大幅に拡充されたと報じている!

アジカンや西野カナ、アニソンなども視聴可能に

これまでの「Apple Music」はただでさえ使い勝手の悪いバグだらけのアプリであることに加え、そもそも邦楽がほとんど網羅されず、国内の人気アーティストのごく一部しか視聴できない状況だった。

今回、大手レーベルがついに参加したことによってAKB48やASIAN KUNG-FU GENERATION、そして冒頭で紹介した西野カナなどによる人気楽曲も楽しめるようになった模様。さらに、中川翔子を始めとしたアニソンも提供開始。これまで「AWA」や「LINE MUSIC」に遅れを取っていた邦楽楽曲が一気に拡充された

さらに、この動きに合せてアーティストのプレイリストも用意。洋楽よりも邦楽派の人でも楽しめるプレイリストが増えそうな予感。

先日、Appleは有料課金ユーザーが650万人以上いることを公表。その時点における無料トライアルを含むユーザー数は1,500万人以上であることが明かされていた。

「Apple Music」でオフライン再生可能な曲のみを表示する方法【使い方】

「Apple Music」の「ステーションを開始」は新しい音楽が発見できる、自分用のラジオ機能

「Apple Music」の「マイミュージックに追加」と「オフラインで再生可能にする」の違いとは【使い方】

(via Linkman