Apple、4K画質の映画をiTunesで20ドルで販売したい意向、映画会社は25ドル以上を希望

Apple TV Image

Appleは「iPhone 8」の発表イベントで4K/HDR対応の新型「Apple TV」を発表する見通しとなっているが、対応コンテンツの配信価格についてハリウッドの映画会社と揉めているようだ。

WSJによると、Appleは4K画質の映画をiTunesで19.99ドルで販売したい意向だが、映画会社は25〜30ドルに設定することを求めていると報じられている。

HD画質の映画を同じ価格で4K画質を配信したい意向

19.99ドルという価格設置は、最新映画のHD画質版の配信価格と同額。映画会社としては4K画質にプレミア感を付けたいのか、5〜10ドル高く設定したい模様。

9月に開催されるスペシャルイベントは現地時間12日に開催されると見られている。4KコンテンツがHDコンテンツと変わらないことを壇上でアピールする絵は想像できるが、当日までに合意に至ることができるのか、注目が集まる。

Appleは新作映画が劇場公開から数週間後にレンタルできるサービス「プレミアム・ビデオ・オン・デマンド(PVOD)」を検討中であると報じられていた。

(via MacRumors

あわせて読みたい