「Reeder 2 for Mac Beta 3」がリリース!各種バグフィックスを対応

Reeder2 beta 3
Mac版RSSクライアントの決定版「Reeder 2 for Mac」の「Beta 3」が先ほど配布開始したようだ!

iframeに関するバグなどを含むバグフィックスの他、フィードをシェアするサービスが増えたと発表している!

バグフィックスの他、共有可能なサービスが追加!

公式ブログによると、今回のアップデート内容は以下の通り:

What’s new:
– More sharing services (some options and services are still missing)
Fixed:
– Don’t open Safari when loading iframes
– Various minor bugfixes



「Reeder 2 for Mac」はまだ正式リリースではなくあくまでもベータ版。バージョンが上がるごとに様々な機能が改良されるだけではなくバグが修正されているはずなので、最新版が公開されたら時間を見つけてアップデートしておくべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. DELL、”世界最小”を謳う15インチ型ノートPC「XPS 15」の新モデルを発表
  2. 「macOS Sierra 10.12.3」、正式リリース!MacBook Pro 2016年モデルにおける一部不具合を修正
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「iOS 10.2.1」、正式リリース!バグの修正およびセキュリティ問題の改善
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!