RSSリーダー「Reeder 4 for Mac」、パブリックベータ版が公開

Reeder 4 Public Beta

RSSリーダーアプリ「Reeder 4 for Mac」のパブリックベータ版が公開された。

現行バージョンは2015年10月に正式リリースされた「Reeder 3 for Mac」。次期バージョンは2018年中にリリースすることを前提として現行バージョンを無料配布していたが、2019年3月になり、ようやくユーザーが利用可能なパブリックベータ版が提供された。

新アプリ「Reeder 4 for Mac」の最新機能(一部)

「Reeder 4 for Mac」には以下の最新機能が提供されている:

  • iCloud同期機能
  • プレビューイメージ付きの記事リストビュー
  • イメージビュワー機能
  • レイアウトのオプションを追加(ウィンドウサイズによって自動変更、無効化可能)
  • 記事ビュワーの改良(WkWebviewを使用)
  • Readability.jsを利用したリーダービューに対応
  • 「引っ張って更新」に対応

開発者によると次期バージョンはまだ開発途中となっていて、上記以外にも多数の機能を準備しているとのこと。また、iOS向けの最新バージョンも近々完成予定であることを明らかにしている。

「Reeder 4」は「Reeder 3」のアップデートではなく、完全に新しいアプリとして提供される。