Google Chrome 57、電池持ちを改善!バックグラウンドタブの電池消費削減


【image via casasroger

Google Chrome 57」ではバックグラウンドタブの電池消費を25%削減し、MacやPCにおける電池持ちが改善されているとChromium Blogで明らかにしている。

これまでは多くのブラウザと同様に1秒間に1回しか処理が実行できないような仕組みになっているが、「Chrome 57」の新仕様では特定のタブがCPUの使用率が高くなりすぎた場合、平均CPU負荷をコアの1%に制限する仕組みになっているとのこと。

なお、オーディオの再生またはWebSocketsやWebRTCなどを使用したリアルタイム接続を使用しているタブはこの新仕様に影響されないとのこと。

あわせて読みたい