AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策で協力へ

Bluetoothを利用し濃厚接触の可能性を検出する技術を共同で開発、提供へ

Apple google partner on covid 19 contact tracing technology 04102020

AppleとGoogleは4月11日、政府と保健機関による感染拡大を防ぐ活動の支援を目的として、Bluetoothを使用した濃厚接触の可能性を検出する技術を共同で取り組むと発表した。

公衆衛生機関によると、新型コロナウイルス感染症は感染者との接触により伝染する可能性があり、感染拡大を抑える上で濃厚接触の検出・追跡が役立つ貴重な手法であると提唱している。

日本国内でも濃厚接触の可能性を検出する取り組みを行う

AppleとGoogleは、公衆衛生当局が提供するアプリを利用するために、iOSおよびAndroid端末間で相互運用を実現するAPIを5月にリリースする。アプリはApp StoreおよびGoogle Playで配信される。

その後、数ヶ月かけてiOSとAndroidにそれらの機能を組み込む予定だ。OSに組み込むことで、「より広範なBluetoothベースの濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの実現」を目指すという。

なおこれらの機能はユーザーのプライバシーとセキュリティを設計の中心に据え、ユーザー自身がオプトアウト(停止)することも可能になっている。

Apple Japanも、濃厚接触の可能性を検出する取り組みを明らかにしている。

Appleは、「開発者、政府機関、公衆衛生当局との緊密な協力と連携に基づき、テクノロジーの力を活用して、世界中の国々が新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑え、一日でも早く日常生活を取り戻せるよう支援していきます」とコメントしている。

関連情報
公開日2020年04月11日
更新日2020年04月11日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    AppleとGoogleの揃ったロゴを見ると、なんだか考え深いですね。なんだか素敵。私も世の中の人に役立てるようステイホームandクリエイティビティで頑張ろッ!

    1. g.O.R.i

      いいですね!!頑張りましょう!!

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索