学生みんなが特待生。

児童を見守ることの重要さを忠告する動画がとても考えさせられる

Candy alert

外出時、他の子どももいるから安心して子どもを1人にして遊び場に放置するような親はいないと思うが、一寸足りとも目を離さないということはさすがにないだろう。

ただ、その隙を狙って事件は起きる。そのたった一瞬が一生の後悔になる。

児童を見守ることの重要さを忠告する動画がとても考えさせられるので、紹介しておく。

悲劇は一瞬で起きるということを忘れてはならない

マレーシアでは昨年、4,804人の子どもが行方不明となっている。単純計算、1日3人という人数になる。

小さいころの子どもは純粋無垢。多くに人は知らない人には付いていかない、知らない人から物はもらわないと小さい頃に厳しく教えられたと思うが、そのことを教える重要性を再認識すると共に、悲劇は一瞬で起きるということを改めて分かった。

日本にいる・いない、子どもがいる・いないに関係なく、子どもを守る立場にある大人として確実に一度は見ておくべきだと思う。以下からどうぞ。

動画の最後の方に書かれているメッセージはこのような内容が書かれている。

It takes a split second to lure your child away.
Keep a watchful eye before it’s too late.

意味としては「子どもの気を逸らすのは一瞬。手遅れになる前にしっかりと見守るべし」となる。

親にとって子どもは宝だ。愛する子どもの安全を守るべきは当然ながら親ではあるが、社会で生きる大人としてまだ周りの世界を理解できていない子ども達を守るべき立場にいることも忘れてはならない。

(via Asiantown.NET