iOS 12:AirDrop経由でパスワードを共有することが可能に

Sharing Passwords in iOS12

iOS 12」ではサードパーティのパスワード管理アプリによるパスワード入力が容易になり、強化なパスワードを自動生成する機能も備わっている。

強固なパスワードはセキュリティ性を高めてくれる一方で、そのパスワードを複数人で共有する場合においては複雑であればあるほど面倒になる。

MacRumorsによると、iOS 12」ではAirDrop経由でパスワードを共有できる機能が用意されていることが明らかになった!

「アカウントとパスワード」からパスワードを共有可能に

そもそもiPhoneにはアプリやウェブサイトで利用しているIDやパスワードをまとめて保管している場所があることを知っているだろうか。「設定」アプリを開き、「アカウントとパスワード」の「AppとWebサイトのパスワード」をタップすると過去に使用して保存したIDとパスワードが一覧で表示される。

現在はパスワードをタップしても「コピー」しか選択肢として表示されないが、「iOS 12」では「AirDrop」が選択肢として加わる模様。これによって簡単にパスワードを共有することができるようになる。

利用するためには「iOS 12」が動作するiOSデバイスまたは「macOS Mojave」が動作するMacが条件。パスワードを送信する側も受信する側も「Touch ID」、「Face ID」「パスワード入力」のいずれか方法で認証する必要がある。

パスワード管理は以前よりも重要度が増している。スマホへの依存度を下げるための対策をAppleを含むスマホメーカー各社が講じている中、安全に使えるようにすることは極めて重要。

「iOS 12」は目を引くような新しい機能は少ないかもしれないが、パスワード関連機能は改良または追加されている。1つのパスワードをあらゆるサービスにおいて使い回すような人達が減るようになることを願いたい。

もっと読むiOS 12まとめ