「iOS 13.2」や「iPadOS 13.2」のBeta 1が開発者向けに配信開始

A13 BionicのNeural Engineによって可能となる新しい画像処理システム「Deep Fusion」がついに解放

Dose media VshMsstVAx4 unsplash iphone ipad watch

AppleがiOS 13.2 beta 1」「iPadOS 13.2 beta 1」を開発者向けに配信開始している。

最新バージョンでは「iPhone 11」シリーズのカメラ機能をさらに向上させる「Deep Fusion」機能が有効化されている。同機能は、「A13 Bionic」の「Neural Engine」によって可能となる新しい画像処理システムで、高度な機械学習を使い、写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化を行なう、というもの。

他にも「Announce Messages With Siri」が復活し、設定アプリ内の「Handoff」が「AirPlay&HandOff」に変更され一部新しいオプションが追加され、AirPodsやBeatsなどのイヤホン・ヘッドホンは接続時にコントロールセンターの音量バーにアイコンが表示される仕組みに。

さらに、新しいAirPodsモデルを示唆するアイコンも発見。ノイズキャンセリング機能に対応した第3世代モデルではないかと見られている。

同時に「watchOS 6」や「tvOS 13」の最新ベータ版も配信開始されている。今回配布された各OSのビルドナンバーは下記の通り:

  • iOS 13.2 beta (17B5059g)
  • iPadOS 13.2 beta (17B5059g)
  • watchOS 6.1 beta 2 (17S5059e)
  • tvOS 13.2 beta (17K5059d)
  • Xcode 11.2 beta (11B41)
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOS 6」新着記事
トレンド検索