10.5インチ型「iPad Pro」、既に量産中?!WWDCで披露されるか?!

IPad Pro Smart Keyboard 128GB Photo Review

「WWDC 2017」で披露されると噂されている10.5インチ型「iPad Proだが、Digitimesによると、Appleは既に今年3〜4月頃から量産を開始していると報じている。現在は約50万台を出荷していると見られているが、7月には60万台になると予測されている。

IHS MarkitのアナリストRhoda Alexander氏は今年3月に10.5インチiPadの少量生産が開始されていたと伝えていた。

また、Appleは12.9インチ型「iPad Pro」も2017年中にアップグレードすると噂されているが、いつ頃量産体制に入るかは明らかになっていない。業界関係者は6月に量産を開始し、第3四半期に出荷開始するのではないかと予想している。

WWDC 2017」では10.5インチ型「iPad Pro」の他にSiriスピーカーMacBookシリーズの刷新が予想されているが、開催日まで1ヶ月を切ったのにも関わらず情報がこれほど出ていないことから、果たして本当に発表されるかどうかは不明。

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は10.5インチ型「iPad Pro」がWWDC 2017」で発表される可能性は「70%以上」と予想している。製品はホームボタンを廃止したベゼルレスディスプレイが特徴となっていて、本体サイズは9.7インチモデルとほぼ同じになる予想されている。