新型iPad Air、M1チップを搭載か

当初はA15 Bionicを発表すると噂されていた

M1 chip on the ipadair

新型iPad Air(第5世代)は、M1チップを搭載する可能性がある。当初はA15 Bionicが内蔵されるとされていた。Appleが日本時間3月9日午前3時より開催するスペシャルイベント「Peek Performance」で正式発表が有力視されている。

9to5Macによると、ディスプレイの解像度は現行モデルから変わらず、噂どおり5Gに対応するという。

M1チップは8コアCPUと8コアGPUを内蔵し、8GBのRAMを搭載する。6コアGPU・5コアGPU構成のA15 Bionicと比べて50%高速で、現行モデルに搭載されているA14 Bionicと比べて約70%もの性能向上が見込める。

AppleがiPad AirM1チップを搭載する理由は不明iPad Proと同じチップになるが、ミニLED対応ディスプレイやFace IDなどの違いがある。また今年後半に登場が噂される新型iPad Proは、M1チップを上回る性能が確実に搭載されるだろう

謎に包まれた招待状のタグライン「最高峰を解禁」は、ミドルレンジのiPadでもiPad Proと変わらない”最高峰”のパフォーマンスを意味しているとも考えられる。

特集
公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:622523)
    コメント先:ねこ先生(コメントID:622522)
    MagSafeが欲しい 無線充電したいわけじゃないけど、あの取り外しできるリングつけたい

    次のiPad ProはMagSafe対応が噂されていますねぇ!

  2. ねこ先生(コメントID:622522)

    MagSafeが欲しい
    無線充電したいわけじゃないけど、あの取り外しできるリングつけたい

「iPad Air」新着記事
トレンド検索