【レビュー】「magpul Field Case」ーーゴツオシャレでボタンが押しやすい

Magpul Field Case for iPhone 7 Plus

ゴツめのデザインが特徴のタフケース「magpul Field Case」の「iPhone 7」対応モデルおよび「iPhone 7 Plus」対応モデルがついに発売開始された。

「magpul Field Case」はアメリカの銃器メーカーが販売している、銃器のマガジンに使われている素材と同じポリマー(合成樹脂)を採用した衝撃・傷に強いケース「iPhone 6s Plus」でも使っていたが、ついに「iPhone 7 Plus」用が出たということで登場後、即購入。

しばらく使い続けているが、やはりこの類のケースでは圧倒的に使いやすく、握りやすく、見た目が格好良い!現在は「iPhone 7 Plus」のジェットブラックモデルに合わせて使用しているが、本記事では「iPhone 7 Plus (PRODUCT) RED Special Edition」に装着して写真を撮影!隙間から見えるレッドと黒いケースの組み合わせが最高すぎるので、どうぞご覧あれ!

見た目のゴツさ、持ちやすさ、握りやすさが癖になる

「magpul Field Case」は高耐久性の熱可塑性プラスチック素材にP-マグのようなリブデザインを採用し、最高のグリップ性を誇る。これは見た目では分からないかもしれないが、実際に装着して握ってみると手放したくないようなグリップ感が体験できる

グリップ感もさることながら、ボタンの押しやすさはこれまで試してきたケースの中でもトップレベル。個人的にはボタンの押しやすさはケースにおいて非常に重要であると思っているので、この「magpul Field Case」に関しては100店満点。音量ボタン、電源ボタン、いずれも非常に押しやすい。

Magpul Field Case for iPhone 7 Plus

銃器のアクセサリーを手掛けるメーカーが製造したiPhoneケースというだけあって素材や耐久性はお墨付き。当然のようにiPhone本体を擦り傷や衝突からしっかりと保護する作りになっている。ディスプレイ側も縁が液晶面より高くなっているため、机の上に置いても画面傷のリスクを低減してくれる。

その一方で、高い保護力とは裏腹に取り付け取り外しは非常にしやすいことも特徴。僕のように気分によってケースを付け替えている人にとっては非常に嬉しい仕様となっているのだ。

Magpul Field Case for iPhone 7 Plus

タフケースではあるが、実は本体はそれほど分厚くない。「iPhone 7 Plus」にそもそもケースを付ける時点で一回り大きくなってしまうことは仕方ないが、見た目のゴツさよりもスリムという点も魅力の1つ。

ケースを付けた状態でも純正のケーブルは特に問題なく使用することができているが、Lightningポート用の穴はそれほど広いわけではないので横長な端子を持つケーブルは要注意だ。場合によって充電用のドックに挿すことができない場合もあるかもしれない。

Magpul Field Case for iPhone 7 Plus

iPhone本体をしっかりと守ってくれる頑丈な素材で作られたゴツいタフケース。見た目は意外とスリム、グリップ感は抜群で触り心地は最高、ボタンは押しやすく、取り付け取り外しもしやすい。こんな最高のケースがなんと3,000円(記事執筆時点)で購入できるのだ。コストパフォーマンスが良いという点も、「magpul Field Case」の魅力。

残念ながら僕の愛用していたレッドモデルはないが、全6色のカラーモデルが用意されているので、このゴツオシャレなiPhoneケースが気になる人はチェックしてみるべし!

【日本正規代理店品】magpul Field Case for iPhone 7 Plus Black MAG849 BLK
magpul (2017-03-21)
売り上げランキング: 39,446
【日本正規代理店品】magpul Field Case for iPhone 7 ODG MAG845 ODG
magpul (2017-03-21)
売り上げランキング: 9,907