iPhone 14 Proの横長パンチホール、アリ?ナシ?疑似体験できる壁紙が公開

壁紙をフルスクリーン表示した状態で、iPhoneを逆さまに持つことでパンチホールディスプレイが疑似体験できる

IPhone14Pro Experience Wallpaper

2022年の新型iPhoneは、Proモデル(iPhone 14 Pro)にパンチホールディスプレイが採用される見通しだ。当初はカプセル型+丸型のデュアルパンチホール型になると見られていたが、直近の情報によれば、ソフトウェア処理で2つのパンチホールを塗りつぶし、1つの横長パンチホールとして表示されるという。

2017年のiPhone Xから見慣れたノッチが、パンチホールに変わることで戸惑う人もいるはず。数々のレンダリング画像を公開している3DアーティストのIan Zelbo氏が、iPhone 14 Pro」のパンチホールディスプレイを疑似体験できる壁紙を公開した。壁紙をフルスクリーン表示した状態で、iPhoneを逆さまに持ってみてほしい。

2つのパンチホールが独立した状態を疑似体験できる壁紙も公開

ソフトウェア処理が行われる前の、2つのパンチホールが独立した状態を疑似体験できる壁紙も公開されている。

IPhone14Pro Experience Wallpaper 2
どっちが好み?

ネットでは、”一体化派”と”独立派”で賛否両論が分かれている。何年経ってもノッチを嫌う人もいるが、一体化しようと独立していようと、大半の人は使っているうちに見慣れるだろう。ただし横向きで動画を全画面で視聴した場合、パンチホールの周囲にもコンテンツが表示されることでノッチより違和感がありそうだ。

実装方法に関わらずiPhoneのパンチホールディスプレイが許せない人は、ノッチを搭載する「iPhone 14」または「iPhone 14 Plusがおすすめ。パンチホールもノッチも許せない人は、iPhone SE(第3世代)がベストマッチだ。

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:637366)

    パンチホールもノッチも、iPhoneのデザインの一部と捉えているのでアリ!です( ´∀`)
    カッコイイ! けど、私にはProは少々お高いので、14Plusを狙っております💁‍♀️

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索