次期iPhoneは5.5インチディスプレイ搭載でフルHD対応か?!「iWatch」はフレキシブルAMOLEDを採用?!

iPhone Air 6 Concept Design

またiPhoneが大型化するという話が舞い込んできた!

DisplaySearchによると、次期iPhoneは5.5インチのフルHDディスプレイを搭載すると予想している!これまでの噂にあった通り、やはり2014年に発売されるiPhoneは現行モデルよりも大きくなる可能性が高そうだ!

名称は「iPhone 6」?!4.7インチモデルと5.5インチモデルで登場

次期iPhoneとして予想されているのは解像度1,600×900ピクセルの4.7インチディスプレイを搭載したデバイス。ピクセル密度としては「iPhone 5s」を上回る386ppiになりつつも、16:9の比率を変えずにより高密度、より大型化することになる。

一方、5.5インチディスプレイを搭載するiPhoneは解像度1,920×1,080ピクセルになる見通し。ピクセル密度は脅威の407ppi。採用される液晶には低温ポリシリコン(LTPS)技術が使われるとも伝えられている。

「iWatch」はフレキシブルAMOLEDディスプレイを採用!

一方、なかなか決定的な情報が出てこないスマートウォッチ「iWatch」だが、DisplaySearchは1.3インチもしくは1.6インチのフレキシブルAMOLEDディスプレイを採用すると予想している。いずれも解像度は320×320ピクセルとなっているため、1.3インチモデルのピクセル密度は348ppi、1.5インチモデルは278ppiとなる。

以前からあまり変化のない「iWatch」に関する噂だが、果たして本当に今年発表されるのだろうか。

(via AppleInsider