【更新:クローン…だと…?!】iOSが動作する「iPhone 6」の実機写真がついに公開!

iPhone 6 ios lock screen
先日、電源が入る「iPhone 6」の実機動画を紹介した。MacのiTunesに接続すると「iPhone 6」のディスプレイにはアクティベーション画面が表示され、間違いなく電源が入っている状態は確認できたが、残念ながらその先へ進めることはできていないようだった。


スペシャルイベントまで1週間を切った本日、ついに動作する実機がリークしたかもしれない!GSMArenaiOSが動作する「iPhone 6」の4.7インチモデルの実機写真を公開していたので、紹介する!

バックパネルのカラーからして恐らくゴールドモデル?

下記写真を見ての通り、これは間違いなく現行モデルよりも大きいサイズのiPhoneであり、ディスプレイにはiOSが動作していることを示すロックスクリーンが表示されている。手に持った時のサイズ感からして4.7インチ型「iPhone 6」のゴールドモデルであると思われるが、動作しているiOSが「iOS 7」なのか「iOS 8」なのかは分からない。

iPhone 6 ios lock screen 【img via GSMArena

iOSが動作しているということはこれが実質完成品であろう。バックパネル側の写真を見るとやはりカメラ部分が数ミリ突起していることが書くにできる。「iPhone 5s」で初めて公開された「True Tone」フラッシュも縦長のデザインから丸くなっている。そしてやはり白いラインは健在のようだ。ああ、ダサい…。

iPhone 6 ios lock screen 【img via GSMArena

最新の情報では4.7インチ型「iPhone 6」の解像度は1,334✕750ピクセルになると言われ、ピクセル密度は「iPhone 5s」と同じく326ppiと予想される。5.5インチモデルに関しては確かな情報はないが、Daring FireballのJohn Gruber氏によるとディスプレイ解像度2,208✕1,242ピクセルピクセル密度が461ppiになるのではないかと予想している。

追記:クローンであることが発覚…

皆様、大変失礼致しました。そう言えば過去にこんな参考にするべき写真があったことをすっかり忘れていました…。

下記の通り、今回紹介した写真はなんと本物の「iPhone 6」ではなく、クローンだったことが発覚しました。深夜、大喜びしていた時間を…返せ…!僕の不注意でした、本当にスイマセン。まんまとやられてしまったので、この先より一層気をつけます。


電源が入る「iPhone 6」の実機動画がついに公開! | gori.me(ゴリミー)

5.5インチモデルの方がディスプレイはイケてる?!4.7インチ型「iPhone 6」の解像度は1,334✕750ピクセル?! | gori.me(ゴリミー)

(via phonedog

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法