「iPhone 6」の5.5インチモデルはやはり光学手ブレ補正機能を搭載か?!

iPhone6 iPhone5 光学手ブレ補正モジュール 【img via MacRumors

これまで多数のパーツのリーク写真を公開してきたFeld & Volkがまた新しい写真を公開している!今回は、以前噂された光学手ブレ補正モジュールの存在を決定づけるカメラ用パーツだ!


流出した部品は「iPhone 6」の5.5インチモデル用のものとされる。まずは外観から。冒頭の写真を見ると、「iPhone 6」のカメラ(上記写真左)は「iPhone 5s」のカメラ(上記写真右)と比べてカメラモジュールが物理的に大きくなっていると同時に薄くなっていることが分かる。

4.7インチモデルも搭載するか?!5.5インチモデルのみになるか?!

真横から見るとその物理的なサイズの違いがよく分かる。「iPhone 6」の横幅が倍近く大きくなっている一方、厚さはわずかに減っている。大きくなっているということはやはりカメラ性能が向上すると期待していいのだろうか。
iPhone6 iPhone5 光学手ブレ補正モジュール 【img via MacRumors

今回のリーク情報で最も期待したいのは光学手ブレ補正モジュールの搭載Feld & Volkによると光学手ブレ補正を可能とする作りにはなっているとコメント。これは期待せずにはいられない。
iPhone6 iPhone5 光学手ブレ補正モジュール 【img via MacRumors

この5.5インチ用カメラモジュールのサイズは大きく、4.7インチモデルには物理的に搭載できないことから、4.7インチモデルと5.5インチモデルはそれぞれ異なるカメラモジュールを搭載している可能性が高い。よって、以前報じられてい5.5インチモデルのみ光学手ブレ補正モジュールを搭載するということは十分にあり得る。

Feld&Volkは他にもパーツを掲載している。こちらは「iPhone 6」用スピーカーとマイクのメッシュ部分。
iPhone6 iPhone5 光学手ブレ補正モジュール 【img via MacRumors

そして、こちらがスリープボタン。ゴムが周りに取り付けられていることによって強度が増している模様。
iPhone6 iPhone5 光学手ブレ補正モジュール 【img via MacRumors

「iPhone 6」の5.5インチモデルは、4.7インチモデルと共に9月9日に発表される見通し。

電源が入る「iPhone 6」の実機動画がついに公開! | gori.me(ゴリミー)

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法