ドコモが断言「iPhoneを発売する予定はない」

本日行われたドコモの株式総会で、副社長の辻村さんから「iPhoneを発売する予定はない」と断言したそうだ。

理由については、以下のように話していたそうだ。

ドコモには、約5000万人のiモード利用者がいるが、おサイフケータイ、iチャネル、iコンシェルといった機能をスマートフォンでも利用したいというユーザーが多い。ドコモにとって、いかにこれを広げていくかが大事である。しかしアップルの場合は、この機能を加えることができない。一方で、Androidを搭載したスマートフォンは、既存のiモードサービスを乗せることができる。5000万人のiモードユーザーが、気持ちよくスマートフォンを使っていただくために、ドコモはAndroidをベースにやっていく」と語った。

iPhoneがドコモから出るか出ないで大騒ぎする日も、今日の公式発表でようやく終わりのようだ。やはり、古い体制、過去の手法に固執せざるを得ないドコモからしたら、ドコモの強みであったiモードコンテンツを自由に扱えないのは厳しかったのだろうか。彼らにとって「ユーザーが気持よくスマートフォンを使う」のは「iモードコンテンツが利用出来る」と認識しているところから、いつまでも過去の栄光に縋りつこうとしているのがよく分かる。

ガラケーからスマートフォンに移行したユーザーは、「元ガラケーユーザー」ではなく、「スマートフォンユーザー」である。ガラケーのように、閉ざされた環境で月々の料金を搾り取れるとでも思っているのだろうか。

(via ケータイWatch

公開情報
更新日2021年03月16日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索