Apple、「iPhone 6s」を売る気満々?!初回生産分9,000万台を発注へ

IPhone6s
「S」系アップデートであるのにも関わらず、「iPhone 6」シリーズよりも売れると想定している?!

The Wall Street Journalによると、Appleは今年発表すると予想されるiPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」の初回生産分として8,500万台〜9,000万台をサプライヤーに発注したと報じている!

感圧タッチ対応ディスプレイを搭載、新カラーモデルも

Appleは昨年、「iPhone 6」ならびに「iPhone 6 Plus」を同期間中に7,450万台販売しているが、今回の発注台数からして同社は昨年以上にiPhoneの最新モデルを売る気だ。とにかく売る気満々だ。

情報元によると、「iPhone 6s」シリーズの外観は現行モデルとほとんど変わらないが、感圧タッチディスプレイを搭載すると伝えている。カメラや内部コンポーネントのアップグレードが中心になるとのことで、これまで報じられてきた情報と一致している。


他にも現在提供されてるシルバー・ゴールド・スペースグレイという3色のカラーモデルにローズゴールドが追加され、4色展開になるとも報じられている。こちらも以前報じられた通りでApple Watch Edition」の「18Kローズゴールド」モデルに合わせたカラーになる可能性が高そうだ。


次期iPhoneは今年9月に発表・発売される見通し。最新の噂では9月18日に発売されると報じられていた。

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!