トランプ大統領、一度はボイコットを宣言したiPhoneの使用を再開

Donald Trump Victory Speech

1年前、まだトランプ大統領が大統領になる前、サンバーナーディーノ銃乱射事件においてFBIが「iPhone 5c」のアンロックを拒否したことに対して「Appleをボイコットするべき」と発言したことが話題になった。

ボイコット宣言をしたトランプ大統領は当然ながらiPhoneの使用を止め、Androidスマートフォンを使用していると噂されていた。具体的な機種名は結局確認できていないが「Galaxy S3」という非常に古い機種を使用していたことから、セキュリティ上のリスクが懸念されていた。

あれから1年、トランプ大統領はちゃっかりiPhoneの使用を再開していたことが大統領の側近、Dan Scavino Jr氏のツイートによって明らかになった!

「新しいiPhone」を数週間前から使ってツイート

Scavino Jr氏によると、トランプ大統領は「新しいiPhone」を使用してかれこれ数週間ツイートしているとのこと。本人自身がツイートし、リプライを読んでいることを明らかにした。

数週間前から使用していることから、先日発売開始された「iPhone 7(PRODUCT) RED Special Edition」ではなさそう。だとすると通常の「iPhone 7」または「iPhone 7 Plus」であると考えるのが妥当だが、果たしてどちらのモデルのどのカラーを購入したのだろうか。

下記が実際にトランプ大統領が「Appleをボイコットするべき」と発言した映像。

(via 9to5Mac