電源ボタンの長押しでSiriの起動を示唆するコードが発見される

Ios 11 new home button

ベゼルレス・デザインが特徴となる「iPhone 8 Pro」はホームボタンが廃止されるため、UI/UXがガラッと変わると伝えられている。物理ボタンの代わりにバーチャルホームボタンは用意されず、「ホームボタンを押す」という操作に変わる操作方法が一部、明らかになっている。

ホームボタンの機能と言えば、Siriの起動。「iPhone 8 Pro」では「Hey Siri」と呼びかける他に起動する方法は無いのだろうか。

デベロッパーGuilherme Rambo氏によると、「iOS 11」のベータ版と思われるコードから電源ボタンの長押しでSiriの起動を示唆する記述を発見したとツイートしている!

電源ボタンが押しやすくなったのは、Siri起動のため?

ツイートには「SBSiriHardwareButtonInteraction」と書かれ、Siriが何かしらの物理ボタンとインタラクションがあることを示唆。その後に「hardwareButtonInteractionForLockButton」と書かれていることから、その物理ボタンは「ロックボタン」、つまり、「電源ボタン」である可能性が極めて高い

ただ、当然ながら気になるのは「電源ボタンの長押し」が「電源をオフにする」操作と既に結びついているということ。考えられるのはクリックで画面のオン・オフ、短い長押しでSiriを起動、長い長押しで電源オフ、という使い分け方になる、ということ。

押す時間によって操作が変わるのは分かりづらい、と思うかもしれないが、既にホーム画面のタップ操作はカオス。アイコンをタップで起動、長押しでアプリ移動モードに切り替わり、さらに押し込むと「3D Touch」が起動する。

そう考えると、電源ボタンの長押しでSiriが起動できるようになることは十分あり得そうだ。

Rambo氏は「iOS 11」の新しい操作方法を紹介するデモ動画を発見。これらの操作方法は現行モデルでは再現できないことから、「iPhone 8 Pro」に限定された操作方法であると予想されている。

電源ボタン長押しでSiriを起動する、という操作方法も最新ベータ版をインストールした現行モデルからは見つかっていない。やはりこれも「iPhone 8 Pro」に限定された操作方法になるのかもしれない。

 gori.meでは最新情報を以下のプラットフォームで配信中!是非この機会にフォローを!

Twitterアカウント(個人) / Facebookメッセンジャー / Facebookページ / Twitterアカウント(記事配信専用) / Feedly