「iOS 11」の新しい操作方法を紹介するデモ動画が発見される

IOS 11 Control Center

iOS 11」では「3D Touch」によるアプリ切り替え機能が廃止されている。これは全面ディスプレイを採用する「iPhone 8 Pro」との兼ね合いだと考えられるが、Appleはその代わりとなるUIを過去に検討していたことが明らかになった!

デベロッパーGuilherme Rambo氏によると、「iOS 11」のベータ版の中に「iOS 11」の新しい操作方法を紹介するデモ動画を発見したことを報告している。

これらは今年5月時点で作成されたもの。現状、最新のベータ版ではこれらの機能が発見されていないことから搭載を見送られた機能である可能性もあるが、Appleがギリギリまで隠しているという可能性も否定できない。

コントロールセンターがロック画面の右側に

Rambo氏は2つのデモ動画を公開。1本目はコントロールセンターががロック画面の右側に配置されるという仕組み。現状、ロック画面の右側(ロック画面に対して左方向にスワイプ)するとカメラが起動する仕組みになっている。

画面下から上方向にスワイプでアプリスイッチャー起動

2本目は是非とも実現してもらいたい操作方法。画面下から上方向にスワイプすることによってアプリスイッチャーが表示されるというもの。現状、コントロールセンターがが表示される操作方法と同じだ。

「iOS 11」がインストールされたiPadでは画面下から上方向に短くスワイプするとDockが表示され、長くスワイプすると上記デモ動画のようにアプリスイッチャーが表示される仕組みとなっている。

iOS 11 Beta 7」がリリースされたばかりだが、今のところこれらの操作方法は利用できない。ただ、わざわざデモ動画を用意するぐらいなので、「iPhone 8 Pro」のみ利用できる機能として今のところ隠しているのではないかと期待している。

(via MacRumors

もっと読むiOS 11まとめ
FOLLOW / 最新情報を購読