iPhoneのキーボードに表示されるSiriボタンを非表示にする方法

キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

iPhoneで文字を打っている時に「毎回押し間違えて邪魔だなあ」というボタンはないだろうか。「ピピッ」と言って音楽が途切れてイラッとするボタンはないだろうか。

キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

そう。Siriだ。Siri、君は本当に邪魔なんだ。厳密に言うとSiriによる音声入力機能。君は本当にどっか行ってくれないか。

使うようになればそれなりに便利かもしれないが、使っていないのであれば押し間違えを誘発する位置に居続ける、極めて邪魔なボタンだ。本記事ではiPhoneのキーボードに表示される邪魔過ぎるSiriボタンを非表示にする方法を紹介する!

Siriそのものをオフにする方法

まずは設定アプリを開き、「一般」をタップ。
キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

中に「Siri」という項目があるので、それをタップ。
キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

Siriに関する設定があるが、これらを一括まとめて非表示にすることができるボタンが下記スクリーンショットの赤枠で囲んだところ。ここをタップ。
キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

警告画面が表示されるが、気にせず「Siriを無効にする」をタップ。Siriが必要とする情報をAppleのサーバーから削除するため、再度有効にする場合は再送信するので時間が掛かるよ、という内容。
キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

これまで邪魔だった「Siri」ボタンが以下の通り、綺麗サッパリなくなっている!最高!
キーボードに表示されるSiriボタンを消す方法

どうせ使わないなら有効にしている必要もない!iPhoneのキーボードで文字を打つ度に押し間違えてイライラしている人はいっそのことSiriを無効にしてしまうべし!

FOLLOW / 最新情報を購読