「iPhone 8」のプレミアムモデル、発売日は10月後半か

IPhone 8 Pro in Silver

RosenblattのアナリストJun Zhang氏がによると、iPhone 8」のプレミアムモデルの発売日は10月後半にまでずれ込む可能性がある予想している。遅れの理由として、同モデルの金属フレームに関するトラブルに直面していることを挙げている。

今年は「iPhone 8」シリーズとして3種類のiPhoneが発表されると予想され、最新機能が多数盛り込まれたプレミアムモデル(名称は「iPhone 8 Pro」または「iPhone 8 Edition」が濃厚)と「iPhone 7/7 Plus」の後継機にあたるモデル(名称は「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」が濃厚)が、日本時間9月13日(水)に開催されるスペシャルイベントで披露されると見通し。

22日に発売されない可能性が増々高まってきた

これまで何度も「iPhone 8」シリーズの予約受付開始は9月15日、発売日は9月22日になると伝えられていたが、ここ数日間のうちに「iPhone 8」シリーズのうち、液晶ディスプレイモデルのみ予定通りに販売開始され、有機ELディスプレイモデルはしばらく入手できない可能性が強まってきた。

Macお宝鑑定団Blogは台湾サプライヤーから入手した情報として、「iPhone 8 Pro」(原文では「iPhone 8 Edition」)が入手可能になるのは10月以降になる可能性があると報じ、その後しばらくして「iPhone 8」のプレミアムモデルは深刻な在庫不足や出荷遅延に直面する可能性があるとWSJが発表。

TechCrunchも続き、信頼できる情報元からの情報として、iPhoneのプレミアムモデルは通常モデルよりも遅れて出荷する、と報道した。これはもう……これはもう……!

これまで有機ELディスプレイの製造に関する歩留まり率の低さが原因で発売時期の遅れについては報じられてきたが、金属フレームが遅れの原因というのは今回が初めて。

特に実績のあるアナリストではないため、信憑性は定かではないが、これまでの情報を総合すると「iPhone 8 Pro」が「iPhone 8/8 Plus」と同時に発売開始される可能性は低いと考えられる。

(via 9to5Mac