iPhoneのSuicaが認証失敗・決済できない時は「ヘルプモード」を試そうーー使い方・有効化する方法

Suica Help Mode on iphone apple pay

iPhoneの「Apple Pay」に登録したSuicaで改札を通過しようとした時に、うまく認証することができず、「ピンポーン」という警告音とともにゲートが閉まってしまう経験をしたことはないだろうか。

パスコードを入力することによって正しく認識されることもあるが、あらゆる操作を受け付けてもらえず、画面上には「今回のご利用に支払いは発生しませんでした」などと表示される場合がある。

そこで役に立つのがSuicaの「ヘルプモード」。本記事ではiPhoneのSuicaが認証失敗した時に役立つ「ヘルプモード」の使い方を解説する!

Suicaの決済時・チャージ時にエラーが発生したら試そう

「ヘルプモード」とは、通信の不具合によりSuicaの電子マネー(SF)残高が正しく表示されない場合、または読み取り機に未反応または誤反応などのエラーが発生した場合において、利用する機能。

僕の経験上、駅の改札でこの問題が発生することが多いのは、改札の読み取り部分に対して正確にiPhoneを置かずいに雑にかざしてしまっているからだと分析している。ただ、同じ問題はコンビニやレストランなど、「Apple Pay」のSuicaを使って決済するシーンでは起こりうる。

それでは早速「ヘルプモード」を有効化する手順を解説する。

「ヘルプモード」を有効化する方法

まずは「Wallet」アプリを開き、決済が正常にできいないSuicaを指定する。
Using Suica Help Mode 05 2

続いて、右上にある横向きの団子のようなボタンをタップする。
Using Suica Help Mode 05

指定したSuicaカードの情報や利用明細などが確認できる画面が表示されるので、下の方にスクロールし、「ヘルプモードをオンにする」をタップ。
Using Suica Help Mode 02 2 2

iPhone XS」の場合、サイドボタンをダブルクリックした上で「Face ID」による本人認証をが完了すれば承認するする仕組みになっている。指示通りに行うことによって「ヘルプモード」が有効化される。
Using Suica Help Mode 03

「ヘルプモード」が有効化されると下記のような画面が表示される。この状態で改札の読み取り部分に丁寧にかざすことによって、先ほどは認証できなかった場合でも認証できる可能性は高い。
Using Suica Help Mode 06

改札通過時に発生した問題である場合、駅員による手動対応が必要になる場合がある。Appleによれば、そのような時は上記手順をもって「ヘルプモード」を有効化した上で駅員に手渡すことを案内している

iPhoneの「Apple Pay」に登録したSuicaが正常に動作しない、決済が完了しない、正しく認識してくれないなどの問題で困っている人は一度「ヘルプモード」を有効化した上でかざしてみるべし!

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索