iPhoneで「Apple Pay」を使う時、iPhoneの上半分をかざすと認証が成功する確率が高くなる

Apple pay japan marcom

「iPhoneでSuicaが利用できるのは便利だけど、正しく認証してくれない場合が多い」「iPhoneでSuicaを使おうとすると結構な頻度でエラーが出る」という人はいないだろうか。

そのような人は、意外とiPhoneのかざし方に問題があるのかもしれない

NFCチップはiPhone本体の上部にある

iPhoneでSuicaを利用可能にしているのは、内蔵されているNFCチップのお陰。正しく認証してもらうためにはNFCチップのある位置が読み取り機械に重なるようにしてかざす必要がある。

問題はそのNFCチップがどこにあるかだ。その答えは、Appleが公開している公式チュートリアル動画「Apple Pay – ビデオガイド:Suicaカードを追加する」を見れば分かる。

iPhoneのNFCチップはどこだ

上記はSuicaの物理カードからiPhoneの「Apple Pay」にデータを移行する方法が解説されているのだが、iPhoneの上半分がカードに重なるように置いていることが分かる。

NIKKEI STYLEに公開されていた「iPhone 7」の分解レポートに、より具体的な位置が説明されている。

カメラの横には、もう一つ今回の目玉であるFeliCaに対応するためのNFCのアンテナと思われる部品があった。

つまり、iPhoneのNFCチップはカメラの横に内蔵されているため、「Apple Pay」の認証確率が低いと感じる場合はiPhoneの上半分をかざすことを意識してみると改善される可能性がある

今回はSuicaでの利用を例に紹介したが、QUICPayやiDでも同じ。iPhoneの上半分を決済端末やリーダーにかざすことで成功する確率が大幅に上がる。

「Apple Pay」の認証確率が低くて困っている人はかざし方を見直してトライしてみるべし!

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索