iPhone 13 Pro、「ProRes対応」なのに「Lightning」という判断ミス

ProResに本気だとしたら、iPhone 13 ProシリーズにUSB 2.0のLightningを搭載したのはどう考えても失敗

Sep2021 iPhone13 Event4340

iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxには致命的な欠点がある。Lightningだ。

この2文だけを読めば「はい出た、アンチLightning・USB-C推進過激派の人ね、ポートレスになるまで一生文句言っててくれ」と思われてしまうかもしれないが、指摘したいのはLightningポートそのものではなく、Lightningポートの仕様だ。

Apple ProResで撮影した動画のファイル容量、1分間で約6GB

iPhone 12 ProよりApple ProRAW、iPhone 13 ProよりApple ProResが導入。いわゆる”生データ”をiPhoneで撮影できるようになった代わりに、1ファイル容量が膨大になった。ProRAWは、1枚約25MB4K HDR 10-bitのProResで撮影した1分間の動画は6GBにもなるという。

ProResはMacで編集する前提として、まともな転送手段がない

ProRAWやProResのファイルをMacで編集する場合、転送手段は大きく分けて3つ。ケーブルを使用した有線接続iCloudフォトライブラリ(写真アプリ)を使用した同期、AirDropだ。

ProRAWの場合、AirDropを使用すればすぐにDNGファイルを扱える。iCloud同期もそれほど時間はかからない。

問題は、ProResだ。記事執筆時点でProResファイルは試していないが、約9分のシネマティックモード動画はフルHDで約760MBだった。iCloud同期はいつまで経っても反映されず、AirDropはファイル容量が大きすぎるせいか何度も失敗する。安定的にファイルを転送をするのであれば、ケーブルを使用する以外の選択肢がない

Lightningの時代遅れ甚だしい転送速度の遅さ

ここで致命的な問題に気づく。iPhone 13シリーズに搭載されているLightningポートはUSB 2.0仕様。理論上の最高転送速度は480Mbpsだ。一方でiPad mini 6に搭載されたUSB-Cポートは、USB 3.1 Gen 1仕様で最大5Gbps、iPad ProのUSB4/Thunderbolt 3ポートは最大40Gbpsとなっている。

端末 ポート 最大転送速度
iPhone 13 Lightning 480Mbps
iPad mini 6、iPad Air 4 USB-C
(USB 3.1 Gen 1)
5Gbps
M1 iPad Pro Thunderbolt/USB4 40Gbps

映像のプロをターゲットとした大容量ファイルフォーマットに対応しておきながら、高速で転送できる手段は用意していない。完全なる失敗だ。

ポートレスのiPhone、転送速度問題はどう解決するのか

iPhone 13 ProのA15 Bionicチップを使用すれば、端末内での編集は可能だ。しかしプロはあえてiPhoneで編集することはしないだろう。

初代のiPad ProはLightningポートだったが、USB 3.0のコントローラが内蔵。iPhone 13 Proも、USB 3.0の転送速度を実現することは理論上可能だが、Appleはなぜか搭載を見送った。

2022年の新型iPhone(iPhone 14)は、引き続きLightningポートを採用する可能性が高い。EUがUSB-Cへの充電規格統一を目指すと話題になっていたが、Appleは応じる様子はなく、将来的にUSB-C化せずにポートそのものを廃止すると噂されている。

ProResを扱い続ける以上、ファイルの転送手段は避けて通れない。Appleの将来計画で重要とされる、UWB(Ultra Wide Band = 超広帯域無線通信)技術を使用したAirDropの進化バージョンが求められる。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年10月12日
コメント(11件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:613400)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:613392)
    あ、ドリキンさんだ

    そのうちドリキンさんと対談して欲しいっすね。Podcastには一回出演されてた気がするけど、ダンボサイドだったかなぁ

  2. 通りすがりの読者(コメントID:613392)

    あ、ドリキンさんだ

  3. 通りすがりの読者(コメントID:613326)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:613188)
    プレビューアプリからいけますよー◎ https://gori.me/mac/mac-tips/28594

    おお!写真はAirDropでやってたので大助かりですありがとうございます😭
    このままファイルもファイルAppと連携できるようになって欲しいなぁ。。。

  4. とおる(コメントID:613254)

    今回13ProMaxに機種変更して余った12ProMaxをXS使ってた子供にあげたんですけど、iPhone並べてデータ移行するやつ(1時間半くらい・Bluetooth?)が何度やってもうまくいかず、PC経由でやったらデータ吸い出しだけで4時間くらいかかって、いい加減USB-Cにして欲しいと本気で思いました。

    ただ結局それでもうまくいかず、サポートに相談したところiCloud経由が一番確実とのことで、ここ数日かけてやっと何とかデータ移行完了しました。(iCloud2TBにアップグレードさせられた^^;)

  5. g.O.R.i(コメントID:613224)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:613223)
    wifiはもっと遅いのかな。 アップルはレガシーを嫌ってたイメージがあるけど、ライトニングケーブルに関しては、少なくみても5年くらいレガシーひきづってる感じがするなあ。 最新のairpodsとかmacの周縁機器とかに搭載するのは、まともな判断とは思えない

    AirPodsはiPhoneとセットで使うのでLightningで全く問題ない、というのが僕の考えです。一方でMacでLightningを採用しているのは、愚の骨頂としか言いようがありませんねw MacにLightning挿すところあるか?ないだろ!?USB-Cにせい!とはよく思っています(いつも充電するときに困るw)

  6. 通りすがりの読者(コメントID:613223)

    wifiはもっと遅いのかな。
    アップルはレガシーを嫌ってたイメージがあるけど、ライトニングケーブルに関しては、少なくみても5年くらいレガシーひきづってる感じがするなあ。
    最新のairpodsとかmacの周縁機器とかに搭載するのは、まともな判断とは思えない

  7. g.O.R.i(コメントID:613212)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:613211)
    中身がThunderbolt4のライトニングケーブル作れば良いのに。

    それはマジでめちゃくちゃ良い…………(それって実際にできるんですかね?

  8. 通りすがりの読者(コメントID:613211)

    中身がThunderbolt4のライトニングケーブル作れば良いのに。

  9. g.O.R.i(コメントID:613188)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:613184)
    そういえばMacから有線で直接iPhoneにファイル転送するってなんか方法ありましたっけ。。。 なんかファイルアプリじゃなくてアプリのフォルダーに送るやつしか無くないですか。。。?

    プレビューアプリからいけますよー◎

    https://gori.me/mac/mac-tips/28594

  10. 通りすがりの読者(コメントID:613184)

    そういえばMacから有線で直接iPhoneにファイル転送するってなんか方法ありましたっけ。。。
    なんかファイルアプリじゃなくてアプリのフォルダーに送るやつしか無くないですか。。。?

  11. 通りすがりの読者(コメントID:613178)

    AirDropで5Gくらいだと失敗することはありますけど1G以下なら割とすんなり飛ばせますけどねぇ

「iPhone 13 Pro」新着記事
トレンド検索